ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ハワイ州観光局、観光客の平均滞在日数の長期化受けホテル長期滞在プランをメディアに公開

ハワイ州観光局、観光客の平均滞在日数の長期化受けホテル長期滞在プランをメディアに公開

投稿日 : 2021.05.11

指定なし

新型コロナウイルス関連

ホテル関連ニュース

ハワイ州観光局は5月11日、2021年に入ってから観光客のハワイ滞在日数が長期化する傾向を受け、公式ポータルサイト「allhawaii」内のハワイ業界サイト「メディア」に、ホテルの長期滞在プランの一覧を公開した。「メディア」は業界サイトではあるが、一般の方も閲覧可能だ。ホテルの長期滞在プランは随時、最新情報に更新される。

©Hawaii Tourism Authority (HTA)

2021年5月現在、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、ハワイと日本を結ぶ航空会社の定期便は減便されており、また日本帰国時には14日間の自主待機が要請されるなど、日本とハワイの往来は以前と比べて活発ではない。ハワイ観光データによると、日本からハワイへの渡航者は 2021年1月は1,165人(前年同月比99.1%減)と激減したものの、平均滞在日数は 前年同月の5.97日から20.25日と大幅に伸びるなど、長期滞在者の増加が顕著となった。また2月の数字は、日本からハワイへの渡航者数は695人(前年同月比99.4%減)、平均滞在日数は17.35日(前年同月5.64日)だった。3月の平均滞在日数は16.7日(前年同月は6.23日)と、引き続き滞在日数が長い傾向がみられている。

感染拡大を防ぐために導入されたテレワークなど働き方が多様化するなか、リモートワークで働きながら仕事をする「ワーケーション」が様々なところで提唱されている。

Alohilani Resort Waikiki Beach(アロヒラニ・リゾート・ワイキキ・ビーチ)や、Outrigger Waikiki Beach Resort(アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート)、Prince Waikiki(プリンス・ワイキキ)など、ハワイのリゾートホテルでは、長期滞在者が対象の駐車料金やアメニティーフィーなどの割引特典などが付加した長期滞在プランが用意されており、ワーケーションにも活用できるプランとなっている。

合わせて読みたい
  • HIS ハワイ・グアム行きの海外ツアーを...

  • 「食べログ」ANAのハワイ情報サイトとの...

  • ANA、ホノルルへエアバスA380型機就...

  • 「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」2...

関連記事