ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 箱根地区の宿泊業で初の新型コロナ倒産 温泉旅館「夕霧荘」の古谷興業

箱根地区の宿泊業で初の新型コロナ倒産 温泉旅館「夕霧荘」の古谷興業

投稿日 : 2020.11.12

神奈川県

ホテル関連ニュース

神奈川県箱根町に本拠を置く温泉旅館経営の「古谷興業株式会社」は、11月2日付で横浜地方裁判所小田原支部から破産手続きの開始決定を受けた。

出典:箱根宿夕霧荘

1923年(大正12年)創業、1955年(昭和30年)11月に法人改組された同社は、温泉旅館「箱根宿夕霧荘」および日帰り温泉の運営を手掛けていた。同施設は箱根関所や旧街道杉並木、箱根駅伝ミュージアムなどの観光名所が集中する芦ノ湖南岸近くの立地にあり、閑静な温泉宿として知られていた。

周辺に高級宿泊施設が多い箱根エリアでは比較的リーズナブルな宿泊施設で、週末・祝日も2万円台中心の価格に設定するなど割安な価格設定で人気を集めた。毎年訪れるリピート客を集客し、98年9月期には年収入高約2億2000万円を計上していた。

しかし、競争激化や施設の老朽化、人件費の増加などにより売上が減少。年商規模を上回る借入金を抱えるなか、新型コロナウイルス感染症の影響による客数の急激な落ち込みが資金繰りに追い討ちをかけた。これ以上の事業継続は困難と判断し、今回の措置に至った。

負債は現在調査中。なお、箱根地区のホテル・旅館では初のコロナ関連倒産で、神奈川県内では36社目となる。

合わせて読みたい
  • (有)グランド鳳陽(嬉野温泉)自己破産へ...

  • 2月末から10月12日の間に倒産したホテ...

  • 「萩グランドホテル天空」運営の長州観光開...

  • スポーリア湯沢が破産申請へ 新型コロナウ...

関連記事