ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「ザ グランドウエスト嵐山」にヴィーガン対応の部屋が誕生 大手メディア「Happy Quinoa」とコラボ

「ザ グランドウエスト嵐山」にヴィーガン対応の部屋が誕生 大手メディア「Happy Quinoa」とコラボ

投稿日 : 2021.07.01

京都府

宿泊プラン

京都・嵐山にあるホテル「ザ グランドウエスト嵐山」に、ヴィーガンコンセプトルームが誕生する。

同プランは、国内最大級のヴィーガンメディア「Happy Quinoa(ハッピーキヌア)」とのコラボ企画。「Happy Quinoa」はインスタグラムで2.8万人のフォロワーを抱え、国内最大級のヴィーガンメディア・ECサイトとして知られている。

ヴィーガンとは完全菜食、つまり動物性のものを使用しないライフスタイルを指す。肉・魚・卵・乳製品のほか、白砂糖や蜂蜜、貝類、ウールや毛皮などの動物由来の製品を避ける。近年、環境問題や健康意識の高まりから、ヴィーガンのライフスタイルを嗜好する人が世界中のみならず国内でも広がっている。

同プランでは、アメニティからフード、ワインに至るまで動物性のものを使用しないことにこだわった。

100%植物由来のフード

出典:ザ グランドウエスト嵐山

人気のプラントベース食品Karaage2.0や、プラントールなどを筆頭に、100%植物由来でできたフードを提供する。「Plant Based Keema Curry」は、ハッピーキヌアオリジナルの人気商品の一つ。カリフラワーライスとセットで、1食280kcalほどでたんぱく質が15g摂取でき、肉肉しい味わいを楽しめる。また、ヴィーガン認証を取得したワインも用意。

サステイナブルなコンセプトに基づいたアメニティ

出典:ザ グランドウエスト嵐山

シャンプーや歯磨き粉は、人気スキンケアBEIGICを中心に揃える。また、「10年使えるタオル」や「廃棄予定の素材を利用して作られた竹歯ブラシ」「再生紙を利用した案内文」など、サステイナブルなコンセプトに合致するアイテムだけを厳選した。

予約は7月12日(月)12:00 より開始する。1日1組限定。

ヴィーガン対応の飲食店は大都市圏を中心に拡充されてきているものの、ホテルなど宿泊施設では対応している場所が少ない現状がある。同ホテルのオーナーには「京都旅行と宿泊を介して、すでにヴィーガンの方はもちろん、それ以外の方にも楽しみながら知るきっかけになれば幸いです」と話している。

合わせて読みたい
  • JR東日本、ヴィーガン・ムスリムフレンド...

  • ホテル椿山荘東京「ヴィーグル ヴィーガン...

  • 東京都、ベジタリアン/ヴィーガン受入対応...

  • 観光庁主催ベジタリアン・ヴィーガン受け入...

関連記事