ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 【東京都】都の「GoToEAT」食事券の有効期限が2022年3月31日まで延長へ

【東京都】都の「GoToEAT」食事券の有効期限が2022年3月31日まで延長へ

投稿日 : 2021.11.24

東京都

GO TO EAT

Go To EAT Tokyo食事券発行共同事業体は、現在利用と販売を一時停止している東京都の「GoToEATキャンペーン」食事券の有効期限を、これまでの2021年12月15日から、2022年3月31日まで延長すると発表した。

これにより電子タイプの食事券はもちろん、有効期限が2021年3月31日までと印字されている紙タイプの食事券についても、来年の3月31日まで使用できる。具体的な食事券の販売再開時期については、現在調整中とのこと。

東京都では5度目の有効期限延長となった「GoToEAT」食事券だが、感染が落ち着いている地方では続々と販売・利用が再開している。2021年11月24日時点では栃木県、千葉県、長野県、岐阜県、熊本県、沖縄県が食事券を販売中だ。また、11月25日からは京都府、12月1日からは兵庫県も販売を再開する。

●GoToEATキャンペーンとは

新型コロナウイルス感染症の影響で打撃を受けた飲食業界を支援するため、政府が行う外食需要喚起策。25パーセントプレミアム付食事券の発行と、オンライン飲食予約によるポイント付与の2つを政策の柱としている。ポイントの付与は現在終了しているが、食事券の販売については感染が落ち着いた地域では再開する動きも出てきている。

合わせて読みたい
  • 「Go To EAT」で店関係者がポイン...

  • 「Go To EAT」の低額利用を制限へ...

  • 「Go To EAT」東京都では11月2...

  • 「Go To Eat」事業公式サイトが公...

関連記事