ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > Go To EAT、ぐるなびやホットペッパーなどで相次ぎ終了

Go To EAT、ぐるなびやホットペッパーなどで相次ぎ終了

投稿日 : 2020.11.16

指定なし

GO TO EAT

ぐるなびやホットペッパーなど、複数の飲食予約サイトが「Go To EAT」のポイント付与キャンペーン終了を相次いで発表した。

現在ポイント付与中のサイトも近日中に終了の見込み

農林水産省は11月13日に、11月11日時点で5000万人以上の予約、ポイント付与額換算で400億円分以上となることを発表。近日中に順次Go To EATのポイント付きの予約ができなくなるとしてした。

現在「ホットペッパー」、「ぐるなび」、「Yahoo!ロコ飲食予約」「Retty」にてGo To EATキャンペーンのポイント付与を終了したと発表している。

2020年11月16日12時時点で、ポイント付与を終了している予約サイトは以下の通り。

●ぐるなび:2020年11月14日(土)17:59までに受け付けた予約分で終了
●Yahoo!ロコ飲食予約:2020年11月14日(土)15:00までに受け付けた予約分で終了
●ホットペッパーグルメ:2020年11月15日(日)15:00までに受け付けた予約分で終了
●食べログ:2020年11月15日(日)21:40頃までに受け付けた予約分で終了
●LUXA:2020年11月14日(土)にて終了
●Retty:新規予約での付与は終了
●大阪グルメ:新規予約での付与は終了

なおポイントの利用期限は付与日から60日以内や翌々月末など、各サイトで異なっている。

2020年11月16日12時時点でポイント付与を行っている予約サイトは以下の通り。

●一休.comレストラン
●EPARKグルメ
●EPARK
●favy
●トレタ
●オズモール
●ヒトサラ
●Chefle

これらのサイトも近日中にポイント付与が終了する見込みだ。

ちなみに今回終了となるのは「オンライン飲食予約サイトを通した予約に対するポイント付与」のみ。プレミアム付食事券(25%のプレミアム付き)は継続される。2020年11月20日からは東京で「Go To EAT Tokyo プレミアム付食事券」の販売・利用が開始される。農林水産省の発表によると、2021年12月1日までにはすべての都道府県で食事券の販売・利用が介されるとのことだ。

プレミアム付食事券は1回あたり20,000円分までの購入制限があり、販売期間は最長2021年1月末まで。有効期限は最長2021年3月までとなっている。

ちなみに大阪や京都など、各地域で既に販売が開始されているが、販売日に即完売している状態。プレミアム付食事券を購入・発券できるファミリーマートで想定以上の発券があり、用紙不足で発券できないなど問題も出ている。

合わせて読みたい
  • Go To EAT オンライン予約による...

  • Go To EAT 東京都での食事券購入...

  • 「Go To トラベル」支援額の税務上の...

  • Go To EAT 用紙切れにより、大阪...

関連記事