ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > Go To トラベル事務局 事業者向け「月次実績報告」の様式を発表

Go To トラベル事務局 事業者向け「月次実績報告」の様式を発表

投稿日 : 2020.08.08

Go To トラベル

8月7日、Go To トラベル事務局は公式サイトで、事業者に向け「7月分実績報告の案内」を開始した。締め切りは8月15日。報告書の発送はメール添付にて行う。

Go To トラベル事務局が実績報告の案内を開始した。

提出するのは給付枠を受けた参画事業者。今月以降、事業完了報告を行うまで、毎月1日から末日にかけての取扱実績を翌月15日までに事務局に報告する必要がある(7月は事業開始の22日分から)。

提出が必要な書類は以下の5つ。 書式は公式サイトからダウンロードできる。

①月次報告書 様式16
②実績内訳シート(割引用) 様式17の1
③実績内訳シート(還付用) 様式17の2
④必要に応じて事務局が求めるもの ※必要に応じて指定
⑤月次請求書 様式18

※④に関して。記載内容を証明する書類の提出は必要ないが、事務局が要請した場合は直ちに提示できるよう各自保管(事業終了後5年間)しておく。

出典:7月分実績報告のご案内

書式はすべてExcelファイル形式で、ダウンロードしてそのまま入力できる。


出典:7月分実績報告のご案内

締切は8月15日。入力書類をメールに添付し、事務局アドレス宛に送付する。

7月分の実績報告の案内がこのタイミングになったことについて、事務局は『本来「月次報告」は宿泊事業者が登録しているシステムを介して送ることになっていた。しかしシステムの準備が間に合わず、今回の形式となった』と説明している。
7月実績報告分の清算については1か月程度かかるとこと。

以下、給付枠の申請方法について簡単に解説する。
給付枠を受けるためには事前に申請の必要がある。申請期間は以下の通り。

仮枠申請  2020 年 7 月 21 日(火)~7 月 30 日(木)
本申請   2020 年 7 月 31 日(金)~8 月 21 日(金)

仮申請の期間は先月に終了しているが、仮申請が済んでいない業者も「本申請」に申し込むことができる。 申請時の提出書類については対象事業者ごとに異なるため、各申請ページにて確認すること。
【申請方法】
旅行会社・OTA等の旅行業者の方へ
宿泊事業者の方へ
第三者機関の方へ


※本記事は8月7日時点での公式HPの情報をまとめたものであり、今後変更される可能性があります。

【参考】Go To トラベル事業者向け申請サイト


合わせて読みたい
  • 「Go To」事業対象のホテルで感染発覚...

  • 「アフターコロナのリバウンド需要を獲得す...

関連記事