ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > GoToトラベル 停止措置の5都市を目的地とする旅行のキャンセル料について

GoToトラベル 停止措置の5都市を目的地とする旅行のキャンセル料について

投稿日 : 2020.12.18

Go To トラベル

現在、GoToトラベル事業の停止措置が出されている5都市を目的地とした旅行のキャンセル料についてまとめた。

札幌市、大阪市、名古屋市、広島市、東京都の5都市を目的地とする場合、12月27日(日)までに開始する旅行の新規予約分は事業の割引適用外となる。

既存予約については、遅れて停止措置が出された広島とほかの4都市で取扱いが異なる。

●既存予約の取扱い
・札幌、大阪、東京、名古屋の場合(12/14 24:00までの予約分)
12/22~27出発の旅行→割引適用外
※12/24までは無料でキャンセルが可能

・広島の場合(12/16 24 :00までの予約分)
12/24~27出発の旅行→割引適用外
※12/26までは無料でキャンセルが可能

既存予約のキャンセルを受けた事業者に対しては、広島をのぞく4都市は12月13日24時までの予約分、広島は12月15日24時までの予約分に限り、キャンセル料発生の有無に関わらず、旅行代金の35%相当額が支給されるとのこと。(上限は一人一泊あたり1万4000円)

なお、12月28日から1月11日の全国一斉停止期間中の旅行は、新規・既存の予約に関わらず、事業の割引は適用されない。ただし、12月28日にチェックアウトする旅行については支援対象となる。また年末年始で多くのコストが発生することを踏まえ、既存予約(12月13日24時までの予約分)のキャンセルを受けた事業者に対し、キャンセル料の発生の有無にかかわらず旅行代金の50%(上限は一人一泊あたり2万円)が支給される。

合わせて読みたい
  • 【沖縄】宿泊キャンセル4日間で3万人超、...

  • Go To EAT 10都道府県で食事券...

  • GoToトラベル 停止措置の具体案を知事...

  • Go To トラベル、東京と名古屋が一時...

関連記事