ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > Go To トラベル、楽天トラベルが利用条件追加、JR東海ツアーズは一部割引停止

Go To トラベル、楽天トラベルが利用条件追加、JR東海ツアーズは一部割引停止

投稿日 : 2020.10.09

指定なし

Go To トラベル

新規ホテル情報

楽天トラベルがGo To トラベルキャンペーンの国内宿泊利用に対し、1会員あたりの利用枚数の上限を1枚までとした。今後も他の事業者で、同様の制限や割引停止が予想される。

JR東海ツアーズは一部割引停止

楽天トラベルは10月8日に、国内宿泊の「Go To トラベルキャンペーンクーポン(最大35%OFFクーポン)」の利用条件変更を発表した。

新たに「1会員あたりの利用上限枚数を1枚(1予約1部屋)まで」という利用条件が追加となる。

Go To トラベルキャンペーンは、本来、旅行代金割引に利用制限を設けていない。あくまで楽天トラベル独自の利用制限となる。

楽天トラベルは変更の理由として、以下の2点を挙げている。

●利用条件変更以前の「【国内宿泊】<Go To トラベル>1月までのご宿泊で使える最大35%OFFクーポン」が、配布枚数上限に達したため。
●より多くの会員に公平のクーポンを利用してほしいため。

既にクーポンを使って予約している旅行については、影響しないとのこと。ただし、既に獲得していたが、まだ予約をしていないクーポンは失効する。

なお、国内宿泊のGo To トラベルクーポンを利用後でも、国内ツアーのGo To トラベルクーポンは利用できる。

また、JR東海ツアーズでは、一部の「Go To トラベル」割引商品の販売を終了した。販売終了の理由は、同社に割り当てられた給付枠に達したため、とのこと。

10月9日13時時点で、四国地方(香川、徳島、愛媛、高知)へのツアーは既に終了となっている。他の地方へのツアーも、出発地によっては終了している。給付金枠が追加された場合は、同社の公式サイトにて発表があるとのこと。

観光庁は10月6日に、Go To トラベルキャンペーンにおける7月22日(水)~9月15日(火)までの利用実績を約735億円、予算のわずか6.5%と発表していた。

今後は他の宿泊予約サイトや旅行代理店などで、楽天トラベルと同様の利用条件の追加やGo To トラベルの割引停止も考えられる。

合わせて読みたい
  • 観光庁 Go To トラベル 利用人泊数...

  • 政府与党連絡会議で「Go To」期間延長...

  • 東京都民「GoTo」利用で都内に旅行、都...

  • Go To トラベル 質問集(FAQ)が...

関連記事