ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > Go To トラベル  一時停止を3月7日まで延長

Go To トラベル  一時停止を3月7日まで延長

投稿日 : 2021.02.03

指定なし

Go To トラベル

新型コロナウイルス関連

10都道府県で、緊急事態宣言の延長が決まった2日。観光庁は、現在一時停止中の Go To トラベル事業の停止期間を延長し、来月の3月7日までとすることを発表した。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により経営に打撃を受けている観光事業者やホテル・旅館事業者をサポートしようと、昨年7月より始まったGo To トラベルキャンペーン。

観光庁が昨年12月に発表したところによると、キャンペーンが始まった7月22日より、11月15日の期間中、利用人数は少なくともおよそ5260万人泊、また宿泊代金、旅行代金の割引額は約2590億円に上るなど、観光促進の成果は出ていたようだ。

しかし、昨年年末にかけて新型コロナウイルス感染者数が、北海道や東京都などで各地で急増。忘年会など、人が集まる場が増える年末に向けて、再度感染防止を試みるため、緊急事態宣言が東京などに出された。

急スピードで始まった事業であるため、ホテルや旅館に地域共通クーポンが届かないなどと言ったトラブルにより現場に混乱が起こるなど、スムーズな始まり方ではなかった Go To トラベルキャンペーン。昨年の一時停止時にはキャンセル手続きについて混乱の声が見られたが、今回は2月以降のGo To トラベルキャンペーン適用商品が販売されていないこともあり、事業者へのキャンセル料の補償はないという。

西村康稔経済再生担当相は先月26日の会見で Go To トラベル事業について、政府の有識者分科会が定めた、新型コロナウイルスの感染状況を判断する新型コロナウイルスの感染状況を示す指標が ステージ2まで下がることが必要だと示している。

合わせて読みたい
  • 1都3県の知事らが緊急事態宣言の発令を政...

  • GoToトラベル全国で停止延長の見込み

  • GoTo事務局、札幌・大阪を目的地とする...

  • GoTo全国停止 2月7日まで延長 無料...

関連記事