ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「Go To Eat」事業公式サイトが公開 店舗登録もスタート

「Go To Eat」事業公式サイトが公開 店舗登録もスタート

投稿日 : 2020.09.18

GO TO EAT

政府主導の飲食業支援策「Go To Eat」事業の公式サイトが15日に公開された。プレミアム付お食事券やオンライン飲食予約の加盟店登録も一部地域や予約サイトにて始まっている。

新型コロナウイルスの感染拡大で打撃をうけた飲食業界および食材を提供する生産者を支援するために政府が始めた「Go To Eat」事業。

その柱は大きく二つ。販売額の25%を国が負担してくれる「プレミアム付食事券」と、「オンライン飲食予約によるポイント付与」である。

9月15日には農林水産省が公式サイトを公開。現在、制度の概要および参加条件、FAQなどが記載されている。

農林水産省 GoToEatキャンペーン

食事券の発行は、9月18日時点で14都道府県15事業者の参加が決定しており、それぞれの公式サイトが立ち上がっている。

食事券発行事業 各地域の状況一覧(9/18現在)

オンライン飲食予約の登録先も、ぐるなびや食べログなど、現在14のサイトが公開。各予約サイトごとに、送客手数料(※)のほか、細かい条件が定められている。

※送客手数料:オンライン飲食予約サイト経由で予約が発生し来店が完了した際に、利用店舗がオンライン飲食予約事業者へ支払う手数料

オンライン飲食予約事業者一覧

食事券の配布は準備が整った地域から順次販売されるほか、ポイント付与についても10月1日以降の開始が予定されている。詳細な時期については今後、公式サイトで公表していくとのこと。

事業の実施に際し、農林水産省は参加飲食店に感染症対策の徹底を求めている。調査の結果、対策が不十分だと判断された店舗は参加を取り消す場合もあるとのこと。

感染症対策(PDF)

遵守事項については、外部団体が定めるガイドラインのほか、各地方自治体も独自の条件を定めている。

合わせて読みたい
  • GoToイート 9月中にも開始の見通し ...

  • 「Go To トラベル」10月から東京都...

  • 「Go To」地域共通クーポン 詳細は?...

  • ”食の魅力”体験トレイン「THE THO...

関連記事