ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > Go To EAT 一部予約サイトでポイント利用期間を来年3月まで延長

Go To EAT 一部予約サイトでポイント利用期間を来年3月まで延長

投稿日 : 2020.12.04

GO TO EAT

新型コロナの感染が拡大し一部地域でポイントの利用自粛が呼び掛けられていることを受け、「GoToEAT」事業の対象である予約サイトを運営する4事業者が、ポイント利用期間を来年3月まで延長することを発表した。

現在、札幌や大阪を中心に全国でコロナが流行が再流行の兆しを見せている。感染を抑えるため、感染状況が深刻な地域では「GoToEAT」事業のポイント利用自粛やプレミアム付き飲食券の発行停止、飲食店への時短営業要請などが進行中だ。

ポイントの利用自粛にともない、「ぐるなび」や「ホットペッパーグルメ」など4つの事業者が付与されたポイントの有効期限を来年3月31日まで延長することを発表した。なお、もともと有効期限を3月までに設定していた9事業者に変更はない。また、現在「GoToEAT」事業の利用が制限されているのは東京や大阪など10の都道府県地域だが、今回のポイント利用期間の延長は地域を問わない。

プレミアム付食事券についても、政府は利用期限をこれまでの来年1月末までから6月30日までに延長し、追加分を発行する見通しだ。ただし、プレミアム率はこれまでの25%から引き下げる方針だという。追加発行に伴う財源は、現在編成作業が進められている第3次補正予算案に盛り込むと農林水産省が発表している。

合わせて読みたい
  • Go To EAT オンライン予約による...

  • Go To EAT 10都道府県で食事券...

  • Go To EAT 京都で「プレミアム付...

  • Go To EAT 感染拡大地域は「5人...

関連記事