ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 福島県、「福島県 県民割プラス」10月から再開

福島県、「福島県 県民割プラス」10月から再開

投稿日 : 2021.09.29

指定なし

ホテル関連ニュース

宿泊プラン

公益財団法人福島県観光物産交流協会は、新型コロナウイルス感染症拡大による行動自粛の影響により落ち込む観光需要に対応するため、福島県在住者が福島県内で宿泊する際に支援をする、福島県「県民割プラス」を再開すると発表した。

福島県「県民割プラス」は、福島県在住者向けの宿泊割引で、予約者、購入者、旅行者共に福島県在住である必要がある。国籍は問わない。福島県内に 1 泊以上宿泊するプランが対象となる。

福島県「県民割プラス」の人数制限はなく、団体グループでも利用可能だ。その場合は、グループ全員が割引を受けるためには、全員が福島県在住である必要がある。また、ビジネス利用は割引の対象とならず、出張などで宿泊する場合や、法人カードにより決済される場合は、適用対象外だ。割引を受けるには観光旅行である必要がある。

また、国や都道府県、市町村などが事業に参加する人の宿泊費などの直接経費を負担して実施するものも適用対象外となる。既に、国や都道府県、市町村などから助成を受けて販売しているものも、割引されない。

対象施設は、福島県内の宿泊施設のうち、県民割プラスに参加を申し込んだ施設となる。

予約受付期間 2021 年 10 月 1 日、 割引対象期間は 10 月 4 日チェックイン~10 月 31 日チェックアウト分までとなっている。10 月 31 日以降の予約については、新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、改めて県より発表するとしている。補助額はプランの料金により異なり、例えば5,000円のプランであれば2,500円、20,000円以上のプランであれば10,000円となるほか、5,000円以上のプランには2,000円分の特典クーポンがつく。

合わせて読みたい
  • JNTO、福島県が挑むデジタルマーケティ...

  • 「NIPPONIA HOTEL 八女福島...

  • 【福島県】感染拡大で宿泊補助「県民割プラ...

  • 【福島県】宿泊補助事業「県民割プラス」助...

関連記事