ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 2021年3月15日開業の『ホテルJALシティ福岡 天神』12月1日予約開始

2021年3月15日開業の『ホテルJALシティ福岡 天神』12月1日予約開始

投稿日 : 2020.11.30

福岡県

新規ホテル情報

株式会社オークラニッコーホテルマネジメントは『ホテルJALシティ福岡 天神(所在地:福岡県福岡市中央区大名2丁目12-5、客室数:280室)』の2021年3月15日(月)の開業と、2020年12月1日(火)より宿泊予約の受付を開始したことを発表した。

地下鉄空港線「赤坂駅」より徒歩1分

同ホテルは福岡発のホテルJALシティブランドのホテル。ブランドコンセプト「Smart simplicity(最先端のシンプリシティ)」に基づいて、スマートデバイスによるクイックチェックイン、クイックチェックアウトなどの提供を通じ、スマート&シンプルな滞在を実現する。

同ホテルは福岡市営地下鉄空港線「赤坂駅」から徒歩1分という立地。天神エリアに隣接する場所にて開業を予定している。ホテルの近隣には福岡城や福岡市美術館、大濠公園能楽堂などがあり、観光やビジネスでの利用に最適だ。

同ホテルの外観には約300年の歴史を誇る伝統工芸の大川組子を模したデザインを採用。館内施設はモノトーンを基調にゆったりとした空間使いが特徴で、スマート&シンプルのコンセプトを基にモダンな空間にデザインされている。

客室はモデレートクリーンルーム(140室)、スーペリアツインルーム(137室)、デラックスツインルーム(2室)、ユニバーサルルーム(1室)の計280室。約21~28㎡と十分な広さを取っており、全室にシモンズベットを採用。快適な眠りの環境を整えている。

館内のレストラン「Cafe Contrail(カフェ コントレイル)」では、福岡市糸島市で育てられた「糸島豚」をはじめ、熊本の地鶏「天草大王」、カボスをエサに養殖した大分の「カボス鰤」など、九州各地の食材を利用した料理が楽しめる。

朝食ブッフェはメインを洋食・和食から選ぶセミブッフェスタイル。宿泊客の目の前で料理を仕上げる臨場感あふれる雰囲気の中で料理を提供する。

■開業宿泊プラン

同ホテルでは開業を記念誌た宿泊プランを用意。ベスト・アベイラブル・レートから10%OFFで宿泊できるプラントなっている。

予約期間:2020年12月1日(火)~2021年9月29日(水)
宿泊期間:2021年3月15日(月)~2021年9月30日(木)チェックインまで

またOne Harmony会員の宿泊客は上記のプランより更に10%OFF。加えて300ボーナスポイントも進呈される。
※One Harmonyはオークラホテルズ&リゾーツ、ニッコー・ホテルズ・インターナショナル、ホテルJALシティで利用できる会員プログラム

<同ホテル概要>
施設名:ホテルJALシティ福岡 天神
所在地:福岡県福岡市中央区大名2丁目12-5
客室数:280室
アクセス:福岡市営地下鉄空港線「赤坂駅」より徒歩1分
専用駐車場:26台(標準18台/EV車対応8台)

レストラン:Cafe Contrail
【朝食】6:30~10:00 (L.O. 9:30)
【ランチ】11:30~14:00 (L.O. 13:30)
【ディナー】17:00~21:30(L.O. 21:00)
【メニュー例】
朝食:朝食ブッフェ      2,178円
ランチ:セットメニュー    1,500円~
ワンプレートランチ      1,000円~
ディナー:セットメニュー   3,500円~
※営業時間、料金(サービス料・消費税込)は変更の可能性あり

合わせて読みたい
  • クインテッサホテル福岡天神、2021年2...

  • 福岡県 独自の宿泊割引キャンペーンを検討...

  • 博多エクセルホテル東急、1部屋予約でもう...

  • カプセルホテル「ナインアワーズ博多駅」非...

関連記事