ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 福井県小浜市初のゲストハウス「小浜弐拾壱時」開業

福井県小浜市初のゲストハウス「小浜弐拾壱時」開業

投稿日 : 2019.01.05

福井県

新規ホテル情報

株式会社KNEWは、空き家をリノベーションした小浜市初のゲストハウス「小浜弐拾壱時(おばまにじゅういちじ)」を福井県小浜市に開業、外国人観光客の獲得を目指す。

出典:KNEW

追加改修計画を設定、クラウドファンディングで出資募る

小浜市は2018年に人口3万人を割り込み、日本全国の地方と同じく高齢化&少子化&人口減少の流れを止めることができていない。

株式会社KNEWは、この問題を解決するため「小浜に成長産業を作る(=インバウンド観光産業)」ことを目的としたゲストハウスを開業した。

福井県小浜市とは、京都と滋賀の北部にあり京都駅から約1時間半の港町。JRが発行する「JRパス(※訪日外国人向けJR乗り放題チケット)」では、最も安価なKANSAI AREA PASSに該当しアクセスしやすい環境にある。

海・食・寺社仏閣・自然が豊富にあり、国の指定する重要伝統的建造物群保存地区に指定された歴史的な街並みが残るエリア。今回、歴史的なエリアの古民家を取得し、ゲストハウスを開業するに至った。

「小浜弐拾壱時」の特徴は、駅から徒歩9分・ビーチまで徒歩2分という立地の施設となり、レンタカー・タクシー移動が不要。

1人1泊あたり2500円〜4000円の価格帯というゲストハウス・ホステル形式の宿泊施設。

21時(午後9時)に小浜・若狭の地酒や梅酒を振る舞い、旅人同士・ホストとのコミュニケーションの場が生まれる。

1月から民泊営業を開始し、月に10日前後営業。4月頃からは簡易宿所営業に切り替え、全日稼働する予定だ。

【施設概要】

1階:共用キッチン、トイレ2基、シャワー2基、リビング、ロビー
2階:個室1室(1名7000円、2名8000円、3名9000円)、ドミトリー(相部屋)1室(1人2500円×6人)※金額は季節、予約サイトにより多少変動。

2階建ての小屋、屋根伝いの6畳小部屋、外観、屋根裏、庭、井戸など未改修の部分があり、クラウドファンディングを実施し支援を募る。

出典:KNEW

福井県小浜市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、小浜市には宿泊施設が57展開しており、部屋数にして632が提供されている。

旅館が多く展開しており、日本海に面した港町で冬場にはカニが楽しめる。

新規開業予定は他に確認できなかった。

【合わせて読みたい】

なぜ新幹線の通らない福井にホテル業界が注目するのか?

JR各社、Japanese Beauty Hokuriku キャンペーン

関連記事