ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 訪日外客数2019年11月、前年同月比0.4%減244万人

訪日外客数2019年11月、前年同月比0.4%減244万人

投稿日 : 2019.12.19

指定なし

インバウンド

JNTOによると、2019年11月の訪日外客数は、前年同月比0.4%減の244万1千人。2018年11月の245万1千人を約1万人下回り、2か月連続で前年同月を下回った。2019年の訪日外客数は過去最高を更新することが確実なものの、2018年からの増加幅はわずかとなる見込み。

訪日外客数が多い韓国市場の減速(2019年11月205,000人、前年同月比65.1%減)が、訪日外客数全体が前年同月を下回る要因となった。

他方で、韓国市場を除く市場では概ね前年同月を上回り、特に、中国からの訪日外客数が前年同月に比べ21.7%増の750,900人となった。

その他東アジアでは、台湾が同11.4%増の392,100人、香港が同19.4%増の199,700人となるなど好調となった。

東南アジア市場は前月に続き全市場で前年同月比が2桁の伸びを記録するなど、引き続き堅調に推移。特にフィリピンが同38.0%増の64,800人、タイが同36.3%増の140,300人と顕著な伸びを示した。

欧米豪も堅調で、11月初旬まで開催されたラグビーワールドカップの影響もあり、イギリスが同37.5%増の37,700人、豪州が同21.2%増の48,300人などとなった。

市場別では、韓国を除く19市場(中国、台湾、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペイン)で11月として過去最高を記録した。

2019年1-11月の訪日外客数は29,355,700人と2018年1-11月の28,560,080人を2.8%上回ったが、増加幅としては縮小しており、2019年の最終的な着地は、2018年の3,119万人から過去最高を更新するものの、3,200万人ほどに留まる見込みとなった。

【合わせて読みたい】

ラグビーW杯2019の観戦有無別 訪日外国人旅行者の消費動向

2019年10月訪日外客数、前年同月比5.5%減249万7千人

8月の訪日客数が前年同月比2.2%減の252万人、韓国48%減

訪日外客数2019年7月、韓国前年同月-7.6%も過去最高記録

訪日外客数2019年6月、前年同月比6.5%増の288万人

関連記事