ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > エボラブルアジアが24時間無人の鍵の受け渡しシステムを展開するKEY STATIONと資本業務提携ーAirbnb向け「ワンストップサービス」協力パートナーとの提携強化ー

エボラブルアジアが24時間無人の鍵の受け渡しシステムを展開するKEY STATIONと資本業務提携ーAirbnb向け「ワンストップサービス」協力パートナーとの提携強化ー

投稿日 : 2018.07.06

バケーションレンタル

オンライン旅行事業及び訪日旅行事業、IT オフショア開発事業などを展開するエボラブルアジアは、7月5日にホテル及び民泊等の宿泊施設、貸会議室及びカーシェアなどをターゲットにした24時間無人の鍵の受け渡しシステムを展開するKEY STATIONと資本業務提携を発表。KEY STATION システムの積極的な全国への設置・普及を図る。

 
株式会社KEY STATIONは、ホテル及び民泊等の宿泊施設、貸会議室及びカーシェアなどをターゲットにした24時間無人で鍵の受け渡しを実現するシステム「KEY STATION」と不動産の運用・有効活用を主軸事業としている。
株式会社エボラブルアジアは子会社の株式会社エアトリステイにてAirbnb向け「ワンストップサービス」の協力パートナーとして以前よりKEY STATION社と業務提携をしており、この度の増資により、さらにその関係性を強化し、投資事業の一環としてKEY STATION システムの積極的な全国への設置・普及を図る。
 

出典:エボラブルアジア

 
KEY STATION社は、メトロエンジン株式会社と先月施行された住宅宿泊事業法(民泊新法)で求められる本人確認及び鍵の受け渡しを同時に行うシステムを共同開発している。
 
【関連記事】

エアビーが日本独自の産業横断型のパートナーシップを立ち上げーワンストップサービスをフランチャイズ化し全国展開

エアトリステイがAirbnb向けワンストップサービスで事業提携を相次ぎ拡大ーリノベ不動産STAY、グランドゥース

新法施行後の民泊マーケット〜民泊はホテルの競合となるのか!?④〜

関連記事