ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > エボラブル、2018年10月、月商(取扱高)前年同月比219%

エボラブル、2018年10月、月商(取扱高)前年同月比219%

投稿日 : 2018.11.23

ホテル関連ニュース

オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジアは、第13期2018年10月度(2018年10月1日~2018年10月31日)取扱高を発表、月商(取扱高)は前年同月比219%、一般顧客向け取扱高は前年同月比413%を達成した。

同社の2018年10月度の取扱高は97億1868万719円となり、同月の取扱高昨年対比219%となった。今期累計取扱高は97億1868万719円。このうち一般顧客向け取扱高は、同月の取扱高昨年対比413%となった(キャンセル前の数値)。
数値には連結子会社の実績も含まれており、2018年6月度より取得した㈱エアトリ(旧㈱DeNAトラベル)の数値も含まれている。

同社は、2018年9月期の連結売上収益において、積極的なエアトリプロモーション効果やDeNAトラベルをはじめとしたM&A効果等により大幅な増収(前期比224%の124億円)となり、連結営業利益・連結当期純利益は上記プロモーション投資をしつつも増益を確保し、それぞれ前期比111%の12億円・前期比129%の9億円となり、いずれも過去最高となった。
2019年9月期においては①エアトリのマーケティング施策やサービス改善②買収した子会社の業績寄与、PMI(ポスト・マージャー・インテグレーション)の成果③投資事業の成果等により大幅な増収及び増益の確保を見込んでいる。

【合わせて読みたい】

主要旅行業者の旅行取扱状況速報(2018年9月)

エボラブルが法人専用サイト統合、エアトリ法人デスク新設

LINEトラベルjpがエアトリ国内航空券、本日11月1日提供開始

エアトリステイがAirbnb向けワンストップサービスで事業提携を相次ぎ拡大ーリノベ不動産STAY、グランドゥース

エボラブルアジアが大手OTAのDeNAトラベルを子会社化

関連記事