ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > EN HOTEL 九州初上陸! 博多に6施設目を開業

EN HOTEL 九州初上陸! 博多に6施設目を開業

投稿日 : 2021.03.03

指定なし

新規ホテル情報

The COURT 株式会社(東京都港区)が、ことし3月18日にホテルブランド「EN」の6施設目となる EN HOTEL Hakata(エンホテル博多)を、福岡県博多に開業すると発表した。

すっきりと洗練されたデザイン

全国で16のホテルを運営するThe COURT株式会社が運営する、EN。今回開業する EN HOTEL Hakata は現代的なデザインの、「ウィズ・コロナ時代」に適応する形のホテルだ。新型コロナウイルス感染症の感染が国際的に広がり、定着してきた新しい生活様式に合わせて、ゲストに安心・安全・快適な滞在環境を提供する。

チェックイン時の検温や消毒はもちろん、最新の非接触技術として、ゲストのスマートフォンがルームキーになる スマホキー を導入するなど、ゲストが安心して滞在できるよう、安心安全を最優先にサービスを設計したという。

滞在中はあらゆるサービスをデジタルで提供することで、感染の要因とされる人同士の接触を低減する。「博多にひたる。」をホテルコンセプトに掲げる同ホテルは、ホテルのオリジナルのコンシェルジュキャラクターである、「博多ひたる子」を開発。ホテルでの過ごし方や、周辺の観光、おすすめ情報をウェブサイトやSNSで発信する「博多ひたる子」特設ページを作成した。「ひたる子」がガイド役となり、館内の案内から、飲食店情報まで幅広い情報を紹介する。ガイドブックやパンフレットは館内に設置せず、「スマホで情報を得て、そのまま旅に出かける」という現代的な、新しい旅の形を提案している。

「博多ひたる子」のキャラクターは、インスタグラムでフォロワー数5万人以上を誇るイラストレーターの Oyumi 氏がオリジナルで制作したものだ。Oyumi氏は web や雑誌・書籍、広告、グッズなど幅広い媒体でイラストを起用されており、2019年には自身のエッセイ本「非・映え女子」をしている。

モダンなデザインで、スマホを積極的に活用した新しいスタイルのホテル、EN HOTEL Hakata は、観光やビジネスなど幅広い用途で活躍するだろう。

合わせて読みたい
  • 「アパホテル〈博多駅前〉」2021年4月...

  • 「THE BASICS FUKUOKA」...

  • 「The OneFive Terrace...

  • 「BUNSHODO HOTEL」2020...

関連記事