ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 民泊施設清掃代行のEDEYANSがAirbnb Partnersへ参画

民泊施設清掃代行のEDEYANSがAirbnb Partnersへ参画

投稿日 : 2019.06.17

指定なし

バケーションレンタル

ホテルや民泊をはじめとする宿泊施設の清掃代行及び周辺業務を行う株式会社EDEYANS(イーデヤンス、大阪市中央区)は、Airbnb Japanが立ち上げたAirbnb Partnersへ参画が決定した。

積極的な外国人雇用、清掃とテクノロジーの融合

出典:EDEYANS

オリンピックを控え日本国内での人手不足は深刻化しており、今後外国人の国内雇用は必須になることが予想される。

しかし、実際に外国人を雇用した際の文化や言語・意識の差異を不安視する声も少なくない。

同社は「日本のハイクオリティな清掃技術は、世界に誇れる」との確信のもと、宿泊施設の清掃代行及び周辺業務を展開してきたという。

同社は、日本の清掃業界は非効率な事象も多く、業界として多くの改善余地があると考え、現場レベルで起こっている問題について、インターネットやAI技術を使って解決し、効率化を実現してきた。

清掃の品質に徹底的にこだわり清掃を担うクリーナーの教育はもちろん施設自体のコンサルティングまでオールインワンで対応するところにサービスの特徴がある。

宿泊施設に必要となる清掃作業に特化し、新たな変革を行っている部分が評価され、Airbnb Partnersへの参画に至ったとのこと。

同社は、旧世代の業界に最新のテクノロジーを導入することで外国人の雇用と教育を促進し、より活躍する場を提供していきたい考え。

【合わせて読みたい】

Airbnb Partnersが117社に、不動産事業・イベント民泊・中国との連携強化へ

Airbnb Partners が74社を突破、発足時から2倍に

エアビーが日本独自の産業横断型のパートナーシップを立ち上げーワンストップサービスをフランチャイズ化し全国展開

新宿区とAirbnbが連携協定を締結

関連記事