ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 観光業界の人手不足に「運転できる通訳・ガイド」

観光業界の人手不足に「運転できる通訳・ガイド」

投稿日 : 2018.12.16

東京都

インバウンド

旅行サービス手配業の株式会社イーアールエフは、事業拡大のため外国語堪能なドライバーの確保をすべく「語学堪能な運転手」ではなく「運転できる通訳・ガイド」の募集を開始した。

通訳・ガイドが2種免許を取得して運転する観光タクシー

外国語堪能なドライバーの確保が運行サービス会社にとって大きな関心事となっており、全国の運行サービス会社に役に立てるサービスの提供が可能となる。

同社の事業領域も翻訳・通訳サービス、通訳案内士の紹介から、旅行業に直接かかわる運行サービスを支援する業務を取り入れることで事業領域が一気に拡大。
英語学習を始めたドライバーの話などを聞くことがあるが、通訳・ガイドがドライバーを目指して運転技能を習得している話を耳にすることは少ない。
通訳・ガイドが2種免許を取得して運転する観光タクシー、観光ハイヤーであればドライバーと通訳・ガイド2名分の仕事が1名で済む。
人件費というコストの低減は勿論だが、目的地までの運転業務を終えると観光地でのガイド業務も行えることからドライバー、添乗員、そして観光ガイドとひとり3役も可能となり旅行客の満足度は飛躍的に向上が期待される。
ドライバーが、外国人旅行客と良好なコミュニケートを取るだけで日本の印象を良化することで、日本の旅行業のサービス品質を飛躍的に向上させることを狙う。
<募集人数・期間>
・募集人数:2019年2月採用のみで25名を予定。その後常時採用を継続。
・募集期間:2018年12月12日より常時採用開始(2019年2月以降実際の業務開始ができる人材の採用)
・募集する職種の詳細:エアポートシャトル(主にハイエース)のドライバー
東京都心のホテルから成田・羽田空港へ、空港から都心ホテルへ運行するエアポートシャトルの運行
【勤務形態】
(1)時短勤務:月5~22日勤務 1勤務あたりの拘束時間が短い勤務
フルタイム勤務の日勤勤務での採用も用意されています。
(2)日勤勤務:月22日勤務 1日最長で14時間拘束
【応募要件】
(1)通訳・ガイド(通訳案内士資格は必須ではない)
(2)普通免許 取得後3年以上経過 (入社後に指定教習所で2種免許取得支援あり)
詳細は公式サイト参照のこと。
【合わせて読みたい】

東京都、タクシー事業者向け多言語対応IC端末導入を補助

旅人とガイドをつなぐマッチング「トリップパートナー」

関連記事