ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 【国内唯一】ホテル市場の全貌がわかる「ホテル業界マップ 2019」新サービス大幅追加、変化するホテル市場のトレンドを構造的に可視化

【国内唯一】ホテル市場の全貌がわかる「ホテル業界マップ 2019」新サービス大幅追加、変化するホテル市場のトレンドを構造的に可視化

投稿日 : 2018.11.01

指定なし

ホテル統計データ

ホテル特化型メディア「HotelBank(ホテルバンク)」は、大好評の2018年版に続き、ホテル市場を網羅的に分析した「ホテル業界マップ 2019」を作成、2019年版では注目の新サービスを大幅追加!約300のサービスを無料で公開します。

ホテル特化型メディア「HotelBank(ホテルバンク)」は、ホテル事業関係者、宿泊事業への新規参入を検討している方、ホテルや旅館などの宿泊施設に興味がある方々のためにホテル市場の各分野で実績がある企業・サービスをピックアップしてマッピングした「ホテル業界マップ 2019」をご好評いただいた2018年版より掲載リストの見直し、注目の新サービスの大幅追加を行い、この度新たにリリース致しました。
高まる日本文化への関心、東アジア諸国の所得増大、ビザ発給の緩和などにより訪日外国人観光客の増大が続く昨今。2020年東京オリンピック/パラリンピック開催や2027年のリニア中央新幹線の開業などに向けて、新設ホテル開発は今後も加速することが見込まれます。
ホテル業界の最新トレンドでは、AI(人工知能)を活用した新サービスの導入が注目されています。チャット(会話)とボット(ロボット)を組み合わせた顧客サービスで注目される「チャットボット」、スマートスピーカーやタブレットなどの「客室IoT機器」、そして客室単価設定の自動化ツール「レベニューマネジメント」の導入などです。
また、2018年6月に施行された住宅宿泊事業法(民泊新法)や旅館業法の改正、自治体による民泊規制、宿泊税導入の広がり、2019年1月7日以降導入される国際観光旅客税(出国税)など法制度の変化も見られ、2019年ホテル業界に大きな影響を与えることが予想されます。
訪日宿泊旅行者需要にわく一方で、小規模な民泊事業者の撤退と法人の民泊参入、団体旅行から個人旅行への変化、日本列島で相次ぐ災害と風評被害、少子高齢社会と国内宿泊旅行者需要の低迷など、大きなチャレンジにも直面することが予測される2019年、ホテル業界はどのような戦略を描くのでしょうか。
「ホテル業界マップ 2019」では、ホテル事業関係者、宿泊事業への新規参入を検討している方、ホテルや旅館などの宿泊施設に興味がある方々などが、来たる2019年を展望し、最新サービスの動向を俯瞰し自社戦略を展開するための調査検討資料として、お役立ていただくことを期待しております。宜しければぜひご活用ください。

印刷用PDF版はこちらから無料ダウンロード

「ホテル業界マップ 2019」を拡大してご覧になりたい、印刷用ファイルをダウンロードしたい場合は以下からお願いいたします。

必要事項にご入力いただくことで、指定のメールアドレス宛にダウンロードURLをお送りします。※「Name」には企業名・お名前のご入力をお願いいたします。

Gmail、Yahoo!メールの場合、正しくメールが届かない恐れがあるため企業メールアドレスなどのご利用をお願いいたします。

Name *

Email *

※上記情報をご入力いただいた方に、メールにてダウンロードリンクをお知らせいたします。なお、万が一リンクの送付が確認できない場合は、以下のアドレスにお問い合わせをお願いいたします。

※いただいたメールアドレスに近日開始予定のニュースレターの送付を予定しております。

掲載希望・お問い合わせはこちら

「ホテル業界マップ 2019」に関するお問い合わせについては以下までお願いいたします。掲載をしたい、または削除したい場合についてもこちらまでご連絡ください。

掲載を希望される企業様については、以下のお問い合わせ先に、「企業名」「サービス名」「サービスURL」をお知らせください。

掲載の検討をさせていただきます。(掲載のご希望にそえない場合もありますので予めご了承ください。)

本ホテル業界マップ 2019への掲載についてはすべて無料でご提供させていただいています。

HotelBank(ホテルバンク)編集部
info@hotelbank.jp

関連記事