ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 米有力旅行雑誌「Destination of the Year」に日本を選出

米有力旅行雑誌「Destination of the Year」に日本を選出

投稿日 : 2018.11.15

指定なし

インバウンド

米国で最も発行部数が多く、世界の旅行市場に影響力を持つ旅行雑誌「Travel + Leisure(トラベル・アンド・レジャー)」 の「Destination of the Year」が 2018年11月14日(現地時間)に発表され、世界で最も注目を集める旅行先(1カ所)として、2018年日本が初めて選出された。

出典:Travel + Leisure

「Travel + Leisure 」が日本を世界で最も注目を集める旅行先に選出

「Travel + Leisure 」は、世界で最も影響力のある旅行雑誌と言われており、米国の月刊旅行雑誌として、北米を中心に100万部近い発行部数を誇る。

同誌は、このたび、世界で最も注目を集める旅行先を選出、5回目の発表となった2018年、日本が初めて選出された。

過去の受賞国は、2014年ミャンマー、2015年キューバ、2016年ポルトガル、2017年カナダとなっていた。

受賞により、同誌サイトでは日本特集が組まれている。

ゴールデンルートとして人気を誇る東京、大阪、京都、広島をはじめ、日本の伝統的なお祭り、美しいビーチのある離島、自然豊かな北海道、寺社の集まる奈良、青森などのスキーリゾート、スパ・温泉地、グルメ、野球などのスポーツなど、日本各地の観光の魅力が記事や動画で様々に紹介されている。

受賞理由としては、「太陽の昇る国」として世界でも最も成長している観光市場であること。東京の電気的なエネルギーや京都の悠久の美しさ、食文化、壮大な山や島々などの景観、充実した美術館やデザインの未来を想像させる建築物。都市部における歴史的な神社から森の道、ホテルの控えめさなど日本が提供する静けさの感覚などが評価された。

日本特集は同誌の12月号でも行われる。

出典:Travel + Leisure

関連記事