ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ザ・キャピトルホテル 東急、客室内で運動が可能な「ワークイン・ワークアウト ステイ」を販売

ザ・キャピトルホテル 東急、客室内で運動が可能な「ワークイン・ワークアウト ステイ」を販売

投稿日 : 2021.04.15

東京都

宿泊プラン

ザ・キャピトルホテル 東急(東京都千代田区)では、スイートルームで仕事と運動の両方に集中できる宿泊プラン「ワークイン・ワークアウト ステイ」を販売している。リモートワークの一般化や外出自粛要請を受け、外出を伴わずに仕事とワークアウトの両立ができる環境を提供する。

(出典:ザ・キャピトルホテル 東急HP)

「ワークイン・ワークアウト ステイ」の客室では、電動昇降デスクや、立ったまま作業ができるスタンディングチェア、機能的なフットレスト付きリクライニングチェアなどが備えられ、仕事に集中できる環境が整えられている。客室内には、独立したアクセスポイントによる安定したWi-Fiが通るため、Webミーティングなどにも最適だろう。加えて、作業の合間に軽い運動ができるように、客室内にフィットネスバイクやバランスボール、ヨガマットなども用意される。

(出典:ザ・キャピトルホテル 東急HP)

より本格的な運動に取り組みたい場合は、宿泊者と会員限定のフィットネスジム&プールを無料で利用可能。そのほか、このプランの宿泊者特典としてはクラブラウンジ「The Capitol Lounge SaRyoh」の利用および朝食が付く。また、1泊1室につき、館内レストランやルームサービスで利用できる5,000円分のホテルクレジットも付与される。

「ワークイン・ワークアウト ステイ」プランの宿泊対象期間は、2021年2月26日(金)~12月30日(木)まで。ただし、東京オリンピック期間である2021年7月21日(水)~8月8日(日)及びクリスマス期間の12月23日(木)~25日(土)は除外日となる。

(出典:ザ・キャピトルホテル 東急HP)

部屋タイプは、104.7㎡を誇る「エグゼクティブ スイート」。宿泊料金は、滞在日数によって以下の通り異なる。なお、表内は1室1泊あたりの金額。

宿泊日数1泊あたりの宿泊料金
1~4泊130,000円
5~29泊100,000円
30泊以上70,000円 
デイユース80,000円(午前10時~午後10時の内、6時間の利用)

1部屋あたりの定員は2名。1名利用でも2名利用でも料金に変動はない。

●長期滞在プランを探すなら「Monthly Hotel(マンスリーホテル)」
Monthly Hotel」は、メトロエンジン株式会社とBEENOS株式会社が運営する長期滞在者向けのホテル予約サイト。都会から地方のホテルまで、2週間以上半年以内の宿泊プランをリーズナブルな価格で提供している。

東京都内の長期滞在ホテルはこちらから

合わせて読みたい
  • ザ・キャピトルホテル 東急「ザ・キャピト...

  • 「コンフォートホテル」「コンフォートスイ...

  • 「ザ・キタノホテル東京」2019年4月9...

  • ANAインターコンチネンタルホテル東京が...

関連記事