ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「Cansellパートナープログラム」を日本旅館協会が推薦

「Cansellパートナープログラム」を日本旅館協会が推薦

投稿日 : 2019.02.13

指定なし

ホテル関連ニュース

Cansell株式会社は、ホテル・旅館の経営を支援する「Cansell パートナープログラム」が、一般社団法人日本旅館協会の推薦プログラムとして認定されたことを発表した。

無断キャンセルや集客などの課題解決サービスを無料で提供

Cansell パートナープログラムとは、日本初となるホテル予約の売買サービス「Cansell(キャンセル)」が、日本全国のホテル・旅館が抱える課題に対し様々なサービスや特典を提供し、経営を支援する独自のプログラム。

無断キャンセル(ノーショー)等により、顧客へキャンセル料の請求が発生し回収が困難な場合、請求額の一部を保証し支払うなどのキャンセル料保証が柱。

昨年10月のプログラム開始以降、日本全国の多くの宿泊施設に入会を得て、この度、日本旅館協会から宿泊施設向けの推薦プログラムとして認定された。

この度の認定に伴い、日本旅館協会の会員施設だけの特典を用意した入会キャンペーンを実施。今回だけの期間限定キャンペーンとなる。

出典:Cansell

ホテル予約の売買サービス「Cansell」ではキャンセル料に困っている人を助けるサービスとして、「Cansell パートナープログラム」では宿泊施設を支援するプログラムとして、ユーザー・宿泊施設の双方を支援し、宿泊業界全体のさらなる発展に寄与できるよう努めていく考え。

「Cansell(キャンセル)」は、行けなくなったホテル予約をかんたんに売ったり買ったりできるサービス。

急に予定が入ってしまったり、事情により宿泊予約をキャンセルする場合、キャンセル料が発生してしまうことがある。そこで「Cansell」は、本来キャンセル料を支払うはずだった宿泊予約を、そのホテルに泊まりたい人に販売・譲渡できるような仕組みを提供することで、キャンセル料支払いの悩みを解決するもの。

【合わせて読みたい】

ホテル予約売買サービス「Cansell」、パートナープログラム

関連記事