ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 神保町のホテルで「文豪缶詰プラン」が販売 6月12日より予約開始

神保町のホテルで「文豪缶詰プラン」が販売 6月12日より予約開始

投稿日 : 2021.06.09

東京都

宿泊プラン

東京神保町のホテル・サクレン神保町とお茶の水ホテル昇龍館にて、締め切り間際の作家生活を体感できる「文豪缶詰プラン」が販売される。

サクレン神保町の文豪缶詰プランAでは、締切の進捗を内線電話にて尋ねる「進捗コール」、さらに編集者から原稿督促のメッセージが届く「進捗LINE」、近隣の飲食店からテイクアウトしてくれる「編集者の買い出し」などの特典がつく。ホテル昇龍館の文豪缶詰プランBでは、プランAの内容に加え、修羅場など状況設定のオプション付きだ。

料金はプランAがプレミアム禅ツインで1泊1室1名16,000円。コンフォートツインでは12,000円。プランBでは朝食つきで、和室・洋室お任せプランでは1泊1室1名14,000円。露天風呂付きの大先生プランでは28,000円となっている。さらにプランA・Bともに10,000円の有料オプションで原稿の添削をしてもらうことが可能。

文豪缶詰プランの実施日は2021年7月3日より1泊2日。6月12日22時より予約を受け付ける見通し。プラン内容および予約開始日は現段階の予定であり、今後変更となる可能性がある。

文豪缶詰プランは鳳明出版社が実施する「神保町文豪 缶詰月間」というイベントの一環で、期間中は文豪クイズラリーや特製缶詰バッヂの配布などが行われる。

合わせて読みたい
  • 167年の歴史を持つ旧旅館 松川屋 再生...

  • 隈研吾デザイン、畑の中のトレーラーバー「...

  • 鴎外旧邸を擁する老舗旅館 善意の寄付で1...

  • 「ホテル京阪 京都駅南」ロボホンと宿泊で...

関連記事