ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 瀬戸内「アズミ(Azumi)」21年春開業予定 アマン創業者による旅館への挑戦

瀬戸内「アズミ(Azumi)」21年春開業予定 アマン創業者による旅館への挑戦

投稿日 : 2020.10.20

指定なし

新規ホテル情報

アマン創業者のAdrian Zecha(エイドリアン・ゼッカ)氏が株式会社ナル・デベロップメンツ(京都府京都市)と手を組んで、新しい旅館ブランド「Azumi(アズミ)」を立ち上げることを明らかにした。第1号となる旅館は瀬戸内エリアに決定し、2021年春の開業を目指す。

出典:Azumi(アズミ)

アマン創業者のAdrian Zecha氏が手掛ける新ブランド「アズミ(Azumi)」

Adrian Zecha氏はアマンやGHMなどを創業し、数々の最高級リゾートホテルブランドを立ち上げた人物。近年では新たなリゾートの価値観を提唱するAZERAIを創業。アジア特派員記者だった1950年代に日本で旅館に出会い、その地に根付いた亭主や女将などの宿の主(あるじ)が経営する旅館という業態に魅せられてきた。

「Azumi(アズミ)」プロジェクトはZecha氏による旅館への挑戦

「Azumi(アズミ)」プロジェクトの始動に際し「旅館の持つ家庭的なおもてなしの概念を拡張するようなイメージで進めており、同時にアマンで表現してきた贅沢さとは一線を画す『豊かさの再解釈』を旅館を通じて表現したい」とZecha氏はコメント。高級リゾートとしての側面を持ちつつも、「旅館は“人”である」を第一義とし、地元との温かい繋がりをコンセプトとする考えだ。

第1号施設は瀬戸内エリアに

「Azumi(アズミ)」第1号は、豊かな土壌、澄んだ青い海、純粋で新鮮な空気に恵まれた瀬戸内の島に開業する予定。この地が選出されたのは、柑橘類をはじめ農業や漁業も盛んに行われている自然豊かな場所であり、広島から愛媛を結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」や各種アート系イベントも多く行われる魅力的なディスティネーションであることが理由。来春の第1号を始めとして、今後日本国内各地で旅館「Azumi」を展開していく予定。

合わせて読みたい
  • せとうち古民家ステイズ Hiroshim...

  • 「瀬戸内リトリート青凪 文化音楽芸術祭」...

  • 欧米有力旅行雑誌で “SETOUCHI”...

  • しまなみ海道にサイクリング総合施設「WA...

関連記事