ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > アパホテル〈千葉駅前〉2020年3月17日開業

アパホテル〈千葉駅前〉2020年3月17日開業

投稿日 : 2020.03.17

千葉県

新規ホテル情報

アパホテルは、本日2020年3月17日に、千葉県内5ホテル目となるアパホテル〈千葉駅前〉(千葉県千葉市中央区弁天1-18-5、全259室)を開業した。

ウイルスを無効化「ナノイーX」搭載の新型エアコン

出典:アパホテル

同ホテルはJR各線「千葉駅」徒歩2分、千葉都市モノレール「千葉駅」徒歩4分、京成千葉線「京成千葉駅」徒歩4分の駅前立地となる。

千葉駅は千葉県内の各方面へアクセス至便な県内でも有数な交通の要所であり、成田空港へも乗り換えなしでアクセスできることから、ビジネスのみならず、国内レジャー、インバウンド(訪日外国人)など幅広い宿泊需要を見込んでいるという。

客室は全室禁煙かつ、高品質・高機能・環境対応型を理念とする「新都市型ホテル」の最新仕様。アパホテルでは、これまでも快眠性を追求したアパオリジナルベッド「Cloud Fit」シリーズを採用しているが、同ホテルから、快眠性を維持・向上しながらも、顧客に利用してもらえるベッド下収納スペースの確保並びに軽量化によるベッドメイクのしやすさなど、多角的に機能面を向上させた新開発の「Cloud fit Grand(クラウドフィット グラン)」を全室に導入した。

また、空気中の花粉やカビ菌などのウイルスを無効化し、脱臭効果のある「ナノイーX」を搭載し、従来機より人にやさしい風の流れを追求した新型エアコンを設置。客室トイレの温水洗浄便座には、暖房機能を新たに追加するなど、快適に滞在できるよう品質を更に高めた。

開業記念特別価格として、2020年3月末まで、スタンダードルーム(1名利用)通常料金15,000円(税サ込)~のところ、4,500円(税サ込)~、スタンダードルーム(2名利用)通常料金18,000円(税サ込)~のところ、5,500円(税サ込)~で宿泊できる。

千葉県内では、ホテル単体として日本最高層を誇るアパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉(千葉市、全2,007室)をはじめ、現在5ホテル・3,052室を運営しており、建築・設計中(増築含む)を含めると6ホテル・3,308室の展開となる。2021年5月には、アパホテル〈西船橋駅前〉(166室)の開業を予定しているという。

出典:アパホテル

千葉市中央区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、千葉市には宿泊施設が113、部屋数にして9,706室が提供されている。新規開業予定は7施設、部屋数にして1,740室が新たに供給される見込み。

また、千葉市中央区には宿泊施設が67施設、部屋数にして5,029室が提供されている。新規開業予定は5施設、部屋数にして630室が新たに供給される見込み。

同区内の客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

同ホテルは、259室で3位にランクインした。

【合わせて読みたい】

「アパホテル〈千葉駅前〉」2020年4月開業

千葉県ホテル展開状況(2019年1月現在)  

全室4-6名「Residential Hotel IKIDANE 千葉中央」開業

アパホテル〈西船橋駅前〉2021年2月開業

関連記事