ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > アパが奈良初進出!近鉄奈良駅前に2021年秋開業

アパが奈良初進出!近鉄奈良駅前に2021年秋開業

投稿日 : 2020.01.23

奈良県

新規ホテル情報

アパグループは、奈良県内初進出となる「近鉄奈良」駅前にホテル開発用地を取得した。近鉄奈良線「近鉄奈良」駅より徒歩3分、JR関西本線・奈良線「奈良」駅より徒歩7分。ホテル名は「(仮称)アパホテル〈近鉄奈良駅前〉」とし、客室数163室のホテルとして、2021年秋開業を目指す。

近鉄奈良駅より徒歩3分、奈良公園、春日大社も徒歩圏内

同案件地は、近鉄奈良線「近鉄奈良」駅より徒歩3分、JR関西本線・奈良線「奈良」駅より徒歩7分、奈良県庁をはじめ、行政機関が集まるエリアにあり、「興福寺」や「奈良公園」「春日大社」も徒歩圏内のビジネスやレジャーに適した立地となる。

アパグループは、近年、大阪・京都に続き、奈良でもインバウンド需要が伸びていることなどから、奈良県内での事業検討を行ってきた。とりわけ、難波・京都からもアクセスがよく、主要な観光名所が集中している「近鉄奈良」駅前での用地選定に注力し、同案件地の取得に至ったという。

出典:アパホテル

今後も全国主要都市での出店を積極的に進めていき、更なるブランドアップとアパホテルネットワークの拡充を目指していくとのこと。

関西圏内では、2025年に開催決定した大阪万博をはじめ、関西エリアでのインバウンド等の需要の拡大を見込み、大阪主要エリアにおいて大型ホテルの開発に注力しており、大阪の中心・御堂筋沿いを南北に縦断するように、北から(仮称)アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉(34階建・全1,709室・2022年12月開業予定・大阪市北区)、アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉(32階建・全913室・2019年12月17日開業・大阪市中央区)、アパホテル&リゾート〈大阪難波駅タワー〉(39階建・全2,064室・2023年秋開業予定・大阪市浪速区)の全3棟・4,686室のアーバンリゾート大型タワーホテルを展開していく。

奈良市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、奈良市には宿泊施設が169、部屋数にして5,106室が提供されている。

新規開業予定は8施設、部屋数にして1,041室が新たに供給される見込み。

【合わせて読みたい】

【古都対決】鎌倉市 v 奈良市 ホテル展開状況

2020年春開業のJWマリオット・ホテル奈良、サテライトウエディングサロンをオープン

「JWマリオット・ホテル奈良」総支配人にクリストファー・クラーク氏

星野リゾートと旧奈良監獄、重要文化財施設を活用したホテル

関連記事