ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ANAインターコンチネンタルホテル東京が長期滞在者向けの30泊プランを発表

ANAインターコンチネンタルホテル東京が長期滞在者向けの30泊プランを発表

投稿日 : 2021.03.11

東京都

宿泊プラン

ANAインターコンチネンタルホテル東京(東京都港区赤坂)が、30泊31日という長期滞在利用のための宿泊プランを販売している。

(出典:ANAインターコンチネンタル東京)

「ホーム・アウェイ・フロム・ホーム」と呼ばれるこのプランは、長期滞在を前提に、通常の最低料金に対して半額以下という非常に手頃な値段で提供される。具体的な金額は30泊31日で税込350,000円。延泊は1泊につき税込11,700円で可能だ。

もちろんこのプランの魅力は、圧倒的な安さだけではない。「ホーム・アウェイ・フロム・ホーム」の宿泊者は、24時間営業のフィットネスセンターを無料で利用できるほか、レストラン、バー、ルームサービス、ランドリーサービスなど、館内の12店舗を20%割引、駐車場利用料金は50%割引で利用できる。ちなみに駐車場に関しては1室につき1台までで、1泊あたり1,950円となる。さらに、税込60,000円の有料オプションを付けることで、プラン専用のルームサービスメニューから、1日につき1品、好きなものを注文できるという特典がつく。

(出典:ANAインターコンチネンタル東京)

「ホーム・アウェイ・フロム・ホーム」プランの対象客室は、「クラシック」カテゴリーのみとなる。部屋の広さは28㎡〜32㎡で、ワーキングデスクとソファーが完備されている。1室最大2名まで利用可能だ。全室でWi-Fi利用が可能で、部屋でのワーケーションにも適している。客室清掃は週2回で、シーツ、タオル、ナイトシャツなどのリネン類の交換や、アメニティ、ミネラルウォーターの補充が行われる。

(出典:ANAインターコンチネンタル東京)

利用可能期間は、3月1日(月)〜7月15日(木)、8月15日(日)〜11月15日(月)の予定。チェックイン日の2日前までに予約が必要となる。東京都心の赤坂、六本木、霞が関まで各徒歩圏内に位置するANAインターコンチネンタルホテルの長期滞在プラン。都市型ワーケーションには最高の環境と言えるだろう。

・長期滞在プランの検索なら、「Monthly Hotel (マンスリーホテル)」

Monthly Hotel」とは、メトロエンジン株式会社とBEENOS株式会社が運営する長期滞在できるホテル専用の予約サイト。都心部から地方のホテルまで、全国各地におけるリーズナブルな価格の2週間〜半年の宿泊プランを検索できる。ワーケーションの滞在先探しに利用したい。

現在、サイトから参画事業者を募集中。

合わせて読みたい
  • 「コンフォートホテル」「コンフォートスイ...

  • 「泊まれる茶室」がコンセプトのhotel...

  • MIMARU「浅草雷門二丁目ホテル計画(...

  • 5つのマリオットホテル 宿泊プラン「Pl...

関連記事