ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 名古屋東急ホテル、空いた駐車場を予約貸し出し

名古屋東急ホテル、空いた駐車場を予約貸し出し

投稿日 : 2019.08.02

愛知県

バケーションレンタル

駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社は、東京急行電鉄株式会社グループの株式会社名古屋東急ホテル(愛知県名古屋市中区栄4-6-8)と提携し、駐車場の予約貸し出しを8月1日から開始した。

駐車場利用をきっかけとしたホテル予約、施設利用に期待

出典:akippa

ホテルやマンションなどの大規模な建築物には、駐車場の付帯設置義務が条例などで制定されており駐車場が設けられているが、公共交通機関を利用するホテル利用者も多く満車になることは少ない状況が生じている。

実際、今回akippaが提携する名古屋東急ホテルには地下に約300台の駐車場があるが、大規模な宴会がない限り宿泊客だけでは駐車場が満車になることは多くないという。

一方で、日本国内においてもっとも自動車保有台数の多い都道府県は愛知県となっており、車文化が根付いていることから駐車場の確保は必要課題であることが伺える。

そこでakippaは名古屋東急ホテルと提携し、空車が見込まれる日に限りホテルの駐車場を予約制駐車場として一般利用者向けに貸し出し、遊休スペースを有効活用する。

同駐車場では、無人ゲート式駐車場IoTコントロールシステム「シェアゲート」を導入し、現地スタッフの手間なく運営していく。

今回の提携によりakippaは、名古屋市中心部に位置し、市内観光やパークアンドライドによる周辺観光にも最適な場所に位置する駐車場拠点が増えることにより、ドライバーの利便性向上に繋げる方針。

名古屋東急ホテルは空きスペースを貸し出すことにより新たな収益を得られる他、駐車場利用をきっかけとしたホテル宿泊、レストラン等の施設利用など新たな集客施策としても期待しているという。

【合わせて読みたい】

FP HOTELS 難波南、空いたホテル駐車場貸し出し

経産省、本年2月「スマートモビリティ推進月間」


関連記事