ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > Airbnbが神戸市と連携し神戸市農村部暮らしの魅力アピール

Airbnbが神戸市と連携し神戸市農村部暮らしの魅力アピール

投稿日 : 2019.09.03

兵庫県

バケーションレンタル

神戸市とAirbnbは、国際スポーツイベントや国際会議等で多くのゲストが神戸を訪れる9月から10月にかけて実施する「農村ホームステイ」において連携し、ゲストの募集および受け入れホストのサポートを通じて、国内外からのゲストに、神戸市農村部の暮らしの魅力を味わってもらえるよう努める。

国際スポーツイベントや国際会議を訪れる国内外ゲストへ

神戸市は、北区や西区を中心に広がる豊かな農村地域を神戸の魅力と位置づけ、新たな人を呼び込み、農村に暮らしながら都市的な生活を送る、神戸ならではの「里山暮らし」や、農村地域の魅力によりインバウンド観光客を呼び込むアグリインバウンドを推進している。

Airbnbは、誰もがどこにでも居場所を感じることができる世界を作ることをミッションとし、暮らすように旅することを提唱。

Airbnbは神戸市と連携し、「農村ホームステイ」への登録、世界最大級の旅行コミュニティプラットフォームへの物件の掲載、ゲストとホストとのコミュニケーション支援を行う。

【農村ホームステイ実施概要】

対象期間: 下記のうちホスト及びゲストが指定した日程で実施。

期間1:9/25~9/27 ※28日はチェックアウトのみ
期間2:9/29~10/1 ※2日はチェックアウトのみ
期間3:10/2~10/4  ※5日はチェックアウトのみ
期間4:10/7~10/9 ※10日はチェックアウトのみ

実施エリア・条件:

・北区・西区の農村地域のうち、「人と自然との共生ゾーンの指定等に関する条例」における共生ゾーン
・農業体験や農村体験等が提供できること
・申込者またはその親族が現に居住している自宅の一室であるか、申込者またはその親族が現に居住している自宅と同一敷地内にある離れ等であること等

事業実施主体:

・神戸市アグリインバウンド推進協議会・神戸市
・株式会社パソナJOB HUB(アドバイザー) 

【合わせて読みたい】

兵庫県ホテル展開状況(2019年7月現在)

熊本県とAirbnbがイベント民泊実施に向け合同キャンペーン

民泊清掃代行「クリーンビー」、Airbnb Partnersへ参画

Airbnb Partnersが117社に、不動産事業・イベント民泊・中国との連携強化へ

関連記事