ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 日本政府観光局とアドビが訪日誘客キャンペーンでコラボ

日本政府観光局とアドビが訪日誘客キャンペーンでコラボ

投稿日 : 2020.01.27

インバウンド

日本政府観光局(JNTO)は、写真編集の可能性と楽しさを通じた訪日意欲の喚起を狙い、アドビの画像編集ソフト 「Adobe Lightroom」と連携したキャンペーンを1月24日(金)より開始した。

出典:Adobe x JNTO Explore Japan Lightroom Contest

アドビが持つ発信力とブランドの強みを活かして、日本の観光魅力を発信するとともに、効果的な拡散を目的とした写真コンテストも開催する。

特設サイトでは、アドビ アンバサダーとして選出された 5 人のインフルエンサー(合計フォロワー数:351.2 万人/2020年1月現在)が、日本全国で撮影し、「Adobe Lightroom」を使って編集した写真を公開するとともに、その旅のルートや撮影ポイントなどを掲載し、具体的な訪日旅行の魅力を紹介。

写真コンテストは、参加者が「Adobe Lightroom」を使い、写真をいかに魅力的に編集するかを競うもので、7 つのパッション(興味・関心)ごとに優れた作品を「アドビ 認定写真」として選出。

キャンペーン内容はアドビ アンバサダー自身の SNS で発信されるほか、アドビ公式 Facebook や Instagram、ブログを通じて拡散され、加えてフォトコミュニティーを通じて参加を促すことで、世界中の写真愛好家に向けて、旅行先としての日本の魅力を訴求するという。

【合わせて読みたい】

2019年、訪日旅行消費額は前年比+6.5%、訪日客数は3,188万人

JTBとAirbnbが訪日旅行者の周遊・消費拡大に向け手ぶら観光

JNTO「国際会議主催者セミナー」2月26日開催

関連記事