ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

ホテル統計データ

  • ジャパンホテルリート、3月のRevPARが前年同月比70%減少

    ジャパン・ホテル・リート投資法人は2020年2月度におけるホテルの運営状況につき、変動賃料等導入20ホテル合計の月次売上高並びにホテル宿泊部門の客室稼働率、ADR及びRevPARを発表した。3月度の現時点での見込みについても言及した。

  • 五輪延期!2021年夏の東京のホテル展開はこうなっている

    東京五輪の1年程度の延期が決まった。2020年夏から2021年夏において、都内のホテル展開状況はどのようになっているのだろうか。メトロエンジンリサーチにより分析する。

  • 観光庁、主要旅行業者旅行取扱、1月前年同月比で4.8%減

    観光庁は本日3月11日に、2020年1月の主要旅行業者旅行業者旅行取扱状況速報を発表した。新型コロナウイルスの影響で日本人の海外旅行や暖冬・雪不足の影響で国内旅行が低迷したが、1月時点では訪日外国人旅行の総取扱額は対前年同月比121.0%と好業績となった。

  • 新型コロナウイルス、63.4%の企業が業績にマイナス見込む

    帝国データバンクは、新型コロナウイルス感染症に対する企業の見解について調査を実施した。同調査は2020年2月14日~29日の期間に、全国2万3,668社を対象に実施し、有効回答企業数は1万704社。調査期間中にも日を追うごとにマイナスの影響を見込む企業が増加した。

  • メトロエンジンが月額1万円から利用可能なイベントデータ特化型ツール「イベントプラン」

    メトロエンジン株式会社は、日本全国のイベントビックデータを一覧できる、イベントデータ特化型ツール「メトロエンジン イベントプラン」の提供を開始した。

  • HIS、2020年1月旅行取扱高、前年同月比7%減少

    HISは2020年1月の旅行取扱高状況報告を行なった。香港・韓国の情勢不安、暖冬に加えて下旬からの新型コロナウイルスの影響により取扱高は、約29,008(百万円)で、前年同月比93.0%となった。

  • 2019年延べ宿泊5億4,324万人泊で前年比+1.0%も12月減少

    観光庁は宿泊旅行統計調査において、2019年の年間値を発表した。

  • 2019年の国内旅行消費額、前年比7.0%増の21兆9,114億円

    観光庁は旅行・観光消費動向調査の2019年年間値(速報)を発表した。

  • 日本全国ホテル部屋数ランキング(2020年2月現在)

    日本全国の市区町村のホテル部屋数について、1km2あたりの客室数ランキングにてメトロエンジンリサーチのデータに基づきお送りする。

  • 主要旅行業者の旅行取扱状況、2019年12月

    観光庁は主要旅行業者の旅行取扱状況速報2019年12月分を発表した。韓国人観光客の減少に加え、暖冬の影響でスキー客などが減少した。