ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

福岡県

  • 観光庁「宿泊事業における特定技能外国人材受入れセミナー」

    入管法改正で新たな在留資格として「特定技能」が創設。宿泊業も受け入れ対象分野となり、外国人材の言語等の強みを活かしたサービス向上や労働力不足解消が期待される。観光庁は10月31日から来年2月10日、全国10都市、計12回「宿泊事業における特定技能外国人材受入れセミナー」を開催。

  • リーガロイヤルホテル小倉が「QRコード」システム導入

    福岡県

    インバウンド

    投稿 : 2019.10.08

    リーガロイヤルホテル小倉(北九州市小倉北区 )では、消費税が増税された10月1日より、現金を使わないキャッシュレス決済のひとつとして注目を集めている「QRコード」システムを導入し、宿泊およびレストラン・バー7店舗にてサービスの提供を開始した。

  • バリアフリー旅行相談窓口設置実証事業、第2次対象団体選定

    観光庁では、誰もが気兼ねなく参加できる旅行(ユニバーサルツーリズム)の普及促進も目指し、「バリアフリー旅行相談窓口の設置に向けた実証事業」を実施。外部の有識者の審査結果により事業(第2次募集)の対象となる団体を選定した。

  • 「HOTEL CULTIA 太宰府」2019年10⽉4⽇開業

    福岡県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.09.25

    バリューマネジメント株式会社は、福岡県太宰府市宰府3丁⽬3-33に、明治時代に建てられた「古⾹庵」を⾼級ホテルに改修した「HOTEL CULTIA 太宰府」をオープンする。

  • 福岡市実証実験「AI多言語音声翻訳システム」事業者募集

    福岡県

    インバウンド

    投稿 : 2019.09.13

    福岡市には130を超える国・地域出身の外国籍の人が約3万7千人在住、今後も「生活者としての外国人」の増加が予想される。福岡市は「ユニバーサル都市・福岡」の実現へ、言葉の壁の低減を図り、国籍に関わらない行政サービスの提供を目指し「AI多言語音声翻訳」を検証する実証実験を実施する。

  • 福岡県が欧米豪誘客へ、Voyaginと訪日客向け体験コンテンツ

    福岡県

    インバウンド

    投稿 : 2019.09.12

    訪日観光客向けの体験販売サイトのVoyaginは福岡県とのインバウンド事業連携を行い、韓国・中国・台湾の近隣諸国の訪日観光客中心だった県内の観光業に向けて、アジア近隣だけでなく今後増加が期待される欧米豪の外国人観光客を見据えた観光商材の開発を開始した。

  • 調理師のためのハラール研修、全国10カ所で開催

    公益社団法人調理技術技能センターは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、旅館・ホテルにおけるハラール需要が高まるなか、日本における調理の特性を考慮しながら、ハラールに対応できる知識や技術についての研修(厚生労働省国庫補助事業)を全国10会場で開催する。

  • 家具サブスクのクラス、無人コンパクトホテルのHostyと提携

    クラスは2019年8月28日、無人コンパクトホテル「mizuka(ミズカ)」を運営するHostyと業務提携を締結。ホテル開業時に課題となる家具・家電設置の手間を削減し、オペレーション効率やコストを改善、2020年までに東京・福岡などを中心とした国内各所で合計1,000室のホテル稼働を目指す。

  • 「ダイワロイネットホテル博多冷泉」2019年8月23日開業

    福岡県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.08.22

    大和ハウスグループのダイワロイヤルは、2019年8月23日(金)に「ダイワロイネットホテル博多冷泉」を開業する。同ホテルのオープンにより、ダイワロイネットホテルズは全国で57カ所、福岡市内では3カ所目となる。

  • 福岡県ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

    韓国や中国などに海を隔てて隣接し、「アジアゲートウェイ」「アジアのリーダー都市」を掲げる福岡。福岡県のホテル開発ランキングを各市及び福岡市内区別の新規開業施設・客室数ランキングとともにお送りする。