ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

指定なし

  • アゴダ、2019年のGWで日本人旅行者に人気の国内・海外渡航先ランキング

    アゴダは、このたび、2019年4月27日~5月6日を調査対象期間とした、今年のゴールデンウィークで日本人旅行者に人気の国内および海外の渡航先トップ10ランキングを発表した。

  • 訪日客向けメディア「tsunagu Japan」が新たに2言語対応

    指定なし

    インバウンド

    投稿 : 2019.04.19

    株式会社D2C Xは、同社が運営する訪日外国人観光客向けWebメディア「tsunagu Japan」のサイトリニューアルを実施した。今回新たに韓国語、ベトナム語の2言語にも対応したほか、スマートフォンユーザーが欲しい情報を探しやすいようナビゲーションやMAP等のデザイン改良を実施した。

  • ANA、ユニバーサルサービスへソーシャルボンドを発行

    ANAホールディングス株式会社は、公募形式のソーシャルボンド(ANAホールディングス ソーシャルボンド:発行年限7年、発行額50億円)を本年5月頃に発行する予定。ソーシャルボンドとは、社会課題の解決に資する事業の資金を調達するために発行される債券。

  • JNTO、訪日客数2019年3月、前年同月比5.8%増276万人

    指定なし

    インバウンド

    投稿 : 2019.04.18

    JNTOによると、2019年3月の訪日外客数は、前年同月比5.8%増の276万人。2018年3月の260万8千人を約15万人上回り、3月として過去最高を記録した。

  • 観光庁、主要旅行業者の旅行取扱状況、2019年2月

    観光庁の主要旅行業者の旅行取扱状況速報によると、2019年2月の総取扱額は対前年同月比で1.1%増加し、3,862億円となった。特に訪日外国人旅行の総取扱額が対前年同月比で6%増加となり、海外旅行・国内旅行いずれも微増となった。

  • 観光庁、訪日外国人消費動向調査2019年1-3月期発表

    指定なし

    インバウンド

    投稿 : 2019.04.18

    観光庁は訪日外国人消費動向調査2019年1-3月期の全国調査結果(1次速報)の結果を発表した。同期間における、訪日外国人旅行消費額 1兆1,182億円となり、対前年同期比(1兆1,121億円(確報))から微増となったものの、一人当たりの旅行支出では5.9%減少した。

  • 経産省、QRコード決済で不正流出したクレジットカード情報の不正利用防止ガイドライン

    指定なし

    インバウンド

    投稿 : 2019.04.16

    経済産業省はコード決済(QRコード決済)における不正流出したクレジットカード情報の不正利用防止対策に関するガイドラインを(一社)キャッシュレス推進協議会にて策定した。

  • メトロエンジンが競合調査ツールにレベニューマネジメント機能を追加

    メトロエンジン株式会社は同社が開発・運営する宿泊施設向け競合調査ツール「メトロエンジン ベーシックプラン」(月額3万円)に、新機能として月額1万円の追加料金で利用可能な、AIを活用した簡易なレベニューマネジメント機能の実装を開始した。

  • JR東日本、JR西日本イノベーションズ、JR九州が地方活性化などの事業アイディア募集

    JR東日本とJR西日本イノベーションズとJR 九州は2019年度、3社で連携して事業アイディアを募集。地域活性化などをテーマに、3社が持つ資産を活用できるアイディアを募り、年度内に各地で実証実験を展開。エリアを拡大したオープンイノベーションを推進する。

  • JTB、GW2019の旅行動向見通しを発表

    JTB は、「ゴールデンウィーク(GW)(4月25日~5月5日の11日間)に1泊以上の旅行(帰省含む)に出かける人」の旅行動向の見通しをまとめた。