ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

指定なし

  • 観光庁、民泊物件の適法性の確認結果(2019年3月末時点)

    観光庁は、住宅宿泊仲介業者及び旅行業者の2019年3月31日時点における住宅宿泊事業法に基づく届出住宅等の取扱物件について、関係自治体において行った適法性の確認結果を取りまとめ、本日10月23日に発表した。

  • 台風19号による被災宿泊事業者向けの特別相談窓口の設置

    国土交通省観光庁は令和元年台風19号により甚大な被害が生じている宿泊事業者等からの相談や要望にきめ細やかに対応するため、本日10月23日(水)より、東北、関東、北陸信越及び中部運輸局内に特別相談窓口を設置する。

  • triplaチャットボット「ぐるなび外国語版」に提供

    指定なし

    インバウンド

    投稿 : 2019.10.23

    トリプラは、多言語AIサービス「triplaチャットボット」を、2019年10月21日より「ぐるなび」が運営する飲食店情報サイト「ぐるなび外国語版」に提供する。

  • 訪日外客数9月、前年同月比5.2%増227万人、韓国58.1%減

    JNTOによると、2019年9月の訪日外客数は、前年同月比5.2%増の227万3千人。前年同月の216万人を約11万人上回った。ラグビーW杯2019日本大会の開催で、欧米豪市場の訪日外客数が前年同月に比べ7万7千人増加。韓国市場が前年同月比58.1%減となる中、日韓では観光文化交流の取り組みも。

  • 国交省、手ぶら観光補助事業の応募受付期間を延長

    指定なし

    インバウンド

    投稿 : 2019.10.17

    国土交通省では、手ぶら観光カウンターの整備・機能強化等を行う民間事業者等を対象とする補助事業の募集を2019年12月20日(金)まで延長する。

  • 観光庁、訪日外国人消費動向調査2019年7-9月期

    指定なし

    インバウンド

    投稿 : 2019.10.17

    観光庁の一次速報によると、2019年7-9月期の訪日外国人旅行消費額は前年同期比9.0%増の1兆2,000億円。訪日外国人1人当たり旅行支出は前年同期比5.2%増の16万5千円。2019年1-9月期の訪日外国人旅行消費額は3兆6,189億円(過去最高額)。

  • 一休の会員数が1,000万人を突破、11月中旬より記念セール

    株式会社一休は、2019年10月に会員数が1,000万人を突破したことを発表した。

  • プリンセス・クルーズ、コマーシャル・ディレクターに井上 多門氏就任

    プリンセス・クルーズは、ジャパンオフィスであるカーニバル・ジャパンにおいて、プリンセス・クルーズの日本市場における営業、PR、マーケティングを統括するコマーシャル・ディレクターを新設し、井上 多門氏を任命した。

  • 主要旅行業者の旅行取扱2019年8月、前年同月比95.4%

    観光庁は、主要旅行業者の旅行取扱状況速報(2019年8月分)を発表。合計の取扱額は507,255,319(千円)となり、前年同月比95.4%(前年同月取扱額531,620,473(千円))となった。訪日外国人旅行取扱額は韓国からの減少を欧米豪からの上昇が上回った。

  • AI清掃ロボット「Whiz」2019年度グッドデザイン賞

    ソフトバンクロボティクスのAI清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」が、公益財団法人日本デザイン振興会主催の「2019年度グッドデザイン賞」を受賞した。