ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

山梨県

  • 「Rakuten STAY HOUSE x WILL STYLE」山梨県富士吉田・河口湖、滋賀県近江八幡に相次ぎ開業

    楽天LIFULL STAY株式会社は、民泊ブランド「Rakuten STAY」を展開。楽天LIFULL STAYとHyAS&Co.が提供する戸建型宿泊施設「Rakuten STAY HOUSE x WILL STYLE」が4月6日山梨県富士吉田、河口湖、4月10日滋賀県近江八幡に相次ぎ開業する。

  • 星のや富士「薫る果実のグランピング朝食」

    日本初のグランピングリゾート「星のや富士」では、 2019年7月1日~8月31日まで「薫る果実のグランピング朝食」を提供。河口湖の絶景を望む部屋のテラスで、夏の果実を贅沢に食す期間限定の朝食。アウトドア器具を用いて料理を仕上げる体験ができ、出来立ての美味しさを味わえる。

  • 「東横INN富士河口湖大橋」2019年4月27日開業

    山梨県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.02.09

    東横インは「東横INN富士河口湖大橋」(381室)を4月27日に開業予定。2月8日から予約受付を開始した。山梨県富士河口湖町のホテル展開状況と合わせてお送りする。

  • 星のや富士「ディスカバー樹海ツアー」

    日本初のグランピングリゾート「星のや富士」では、2019年4月1日〜5月31日まで、2泊3日で体験する「ディスカバー樹海ツアー」を提供。樹海を舞台に、富士山麓上空を周遊するヘリクルーズ・湖から優雅に樹海を眺めるカヌー体験・植物の生命力を間近で感じるトレッキング。

  • 星のや富士「春の狩猟肉(ジビエ)ディナー」

    日本初のグランピングリゾート「星のや富士」では、 2019年3月16日~6月15日、屋外ダイニングでダッチオーブンを使った食事「春の狩猟肉ディナー」を提供。同ディナーは、狩猟肉の「鹿肉」と「猪肉」をメイン食材として使用し、季節ごとの特徴を生かした体験型のコース料理。

  • 星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳「ワインスイートメゾネット」

    「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」では、2019年3月21日に絶好のロケーションを誇る場所に「ワインスイートメゾネット」が誕生。四季折々に装いを変えるメインストリート「ピーマン通り」と、雄大な自然を眺めることができる客室では、ソムリエがセレクトするワインが堪能できる。

  • 石和温泉、地域活性プロジェクト「温泉むすめ」

    山梨県笛吹市のびゅーグループは、エンバウンドが展開する日本全国の温泉地をモチーフにキャラクター化をした地域活性クロスメディアプロジェクト「温泉むすめ」とのタイアップ企画を実施する。近年アニメツーリズムは地方創生において重要な役割を果たすようになってきている。

  • 星のや富士「冬の森グランピングリトリート」

    日本初のグランピングリゾート「星のや富士」では、2018年12月1日〜2019年3月15日まで、「冬の森グランピングリトリート」プログラムを開催。冬の森は一見寂しい印象だが、実は適度な湿気を蓄えた、女性がリラックスするには最適な環境、身体を癒すコンテンツが多数提供される。

  • 星野リゾート・リゾナーレ八ヶ岳にミニゲレンデ誕生

    星野リゾートは「星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳」に、今冬、子どものスノーデビューが叶うホテルの中の「ミニゲレンデ」を創設する。その他、薪ストーブカフェや室内プールイベント「雪降るイルマーレ」など子供も大人も共に楽しめるイベント企画を続々打ち出す。

  • 山梨県2017年、観光客数微増も、宿泊客大幅減

    山梨県観光入込客数は延べ4,794万人となり、前年比+0.4%の増加となった。 宿泊客は820万人(実数)で、前年比-9.2%と大幅に減少した。外国人延べ宿泊者数は153万人で、前年比+11.8%増。山梨県の観光状況の課題や宿泊施設展開状況と合わせお送りする。