ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

和歌山県 

  • JR西日本ファーストキャビンが店舗を閉鎖し解散

    JR西日本とファーストキャビンは、キャビンスタイルの簡易宿所を展開する合弁会社である株式会社JR西日本ファーストキャビンの店舗閉鎖及び解散をすることを発表した。

  • イータブ・プラス「山荘天の里」サービス開始

    ミライトは、客室設置型タブレット「ee-TaB*®(イータブ・プラス)」を、和島興産が 2020年3月25日に全客室改装によりリニューアルオープンする、上質の寛ぎとサービスを提供するホテル「山荘天の里」(和歌山県伊都郡かつらぎ町、6室)の全客室6室に導入しサービスを開始する。

  • 和歌山県・有田川町で木質バイオマス発電

    シン・エナジー株式会社は、和歌山県有田郡有田川町にて900kWの木質バイオマス発電事業を行う(2020年5月に着工、同年12月に発電開始予定)。同発電所は、地元の金融機関の融資や林業関係者などから出資を募り、地元主体の発電所。

  • 観光庁、宿泊施設の生産性向上ワークショップ開催

    観光庁では、売上げを増やしたい・客数を増やしたいと考えている全国の旅館ホテルの幹部層を対象に、全国5地域でマーケティングの基礎知識、顧客価値の分析、サービスの改善を学ぶワークショップを開催する。

  • 古民家再生「NIPPONIA HOTEL 串本 熊野海道」7月1日開業

    株式会社サブライムは、本州最南端の歴史的町並みが残る和歌⼭県串本町にて地域創生を目的とした官民連携のプロジェクトとして、「NIPPONIA HOTEL 串本 熊野海道」を7月1日(月)にオープンした。

  • 「NIPPONIA HOTEL 串本 熊野海道」2019年7⽉1⽇開業

    株式会社サブライムは、本州最南端の歴史的町並みが残る和歌⼭県串本町に、築140年以上の古⺠家をコンセプトホテルに改修した「NIPPONIA HOTEL 串本 熊野海道」を開業する。

  • 「ブランシェット南紀白浜」2019年7月25日開業

    とれとれ市場南紀白浜株式会社は、海と山に囲まれた自然豊かな白浜の地で、感動、癒し、驚きを食と心でもてなす新宿泊施設「ブランシェット南紀白浜」を7月25日(木)に開業する。また、開業に先駆け、4月8日(月)より公式WEBサイトより予約を開始した。

  • 南紀白浜「IoTおもてなしサービス実証」にアドベンチャーワールドが参加

    顔認証を活用した「IoTおもてなしサービス実証」に、アドベンチャーワールドが2019年4月19日から参加する。「IoTおもてなしサービス実証」で登録した顔情報やクレジットカード情報を用い、チケット売り場に並ばずに、専用の入口でのファスト入園とキャッシュレス決済によるチケット購入を行う。

  • 積水ハウス、マリオット「Trip Base 道の駅プロジェクト」

    積水ハウス株式会社とマリオット・インターナショナルは、国内の各自治体と連携し、「道の駅」をハブにした、「地域の魅力を渡り歩く旅」を提案する地方創生事業「Trip Base(トリップベース) 道の駅プロジェクト」を展開。

  • 和歌山キャンプ場「リゾート大島」ふたご座流星群観察

    和歌山県にて星空ツアーを催行するStar Forestが、潮岬のキャンプ場「リゾート大島」にてふたご座流星群観察イベントを開催する。広大な芝生に寝転がり、波音を聞きながら流れ星を楽しむことができる。