ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

千葉県

  • JALが2020年の成田発着国際線ネットワーク拡充

    千葉県

    インバウンド

    投稿 : 2019.10.30

    JALは、2020年の成田空港発着の国際線ネットワークを更に拡充する。今回JALが新たに成田空港に就航する路線は、ウラジオストク線、ベンガルール線及びサンフランシスコ線の3路線となっており、このうちベンガルール線は成田空港にとっても新規路線となる。また、グアム線も増便される。

  • 千葉市とAirbnbが「イベント民泊」で連携

     Airbnbは、千葉市にて開催の2019高円宮杯フェンシングワールドカップ東京大会の12月12日〜16日、東京オートサロン2020の2020年1月9日~13日、最大4泊5日の「イベント民泊」を実施。ホストの募集とホームシェア提供者へのサポートや情報発信について、千葉市と連携した取り組みを進める。

  • 全室4-6名「Residential Hotel IKIDANE 千葉中央」開業

    千葉県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.10.16

    IKIDANEは、不動産投資やコンサル事業等を展開している霞ヶ関キャピタルと共同で、コンドミニアムホテル「Residential Hotel IKIDANE 千葉中央」を千葉市中央区に2019年9月、37室で開業した。

  • 「グランドニッコー東京ベイ 舞浜」2020年5月開業

    千葉県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.10.15

    ホテルオークラの子会社でホテル運営会社であるオークラ ニッコー ホテルマネジメントは、ヒューリックホテルマネジメントと「グランドニッコー東京ベイ 舞浜」に関する運営管理契約を2019年9月30日に締結した。

  • 成田エクスプレスと東京モノレールにtriplaチャットボット

    triplaとJR東日本グループは、2019年10月1日(火)より2019年12月31日(火)まで、共同で新たに実証実験を行い、成田エクスプレスと東京モノレールの利用者に多言語AIサービス「triplaチャットボット」を提供する。

  • 国交省、台風15号による被災宿泊事業者向けの特別相談窓口

    国土交通省は令和元年台風15号により甚大な被害が生じている宿泊事業者等からの相談や要望にきめ細やかに対応するため、9月25日より、関東運輸局内に特別相談窓口を設置した。

  • 成田の廃校を再生、宿泊施設Ready to Flight!NARITA

    千葉県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.09.26

    リオン不動産株式会社は、泊れる小学校の「Ready to Flight!NARITA」を成田市大室に2019年10月1日にオープンする。

  • 千葉県内各地の観光施設、順次再開も依然休館施設も多く存在

    千葉県内では台風15号の被害により一時休館していた施設が順次再開しているものの、17日現在においても市原市、千葉市、袖ケ浦市、君津市や館山市などの県内各地の観光施設において臨時休館が依然として続いている。台風15号による、17日現在の主な観光施設の休園・休館は以下の通り。

  • 国交省「台風15号に係る鉄道の計画運休に関する検討会議」

    国土交通省では、台風15号における計画運休を振り返るため、全国の鉄道事業者や気象庁を集めた会議を開催し、台風15号における各鉄道事業者の計画運休の対応や今後の課題等について意見交換を行う。

  • 台風15号被害、千葉県が避難所として活用可能な施設情報提供

    千葉県は台風第15号による停電に伴い、災害救助法が適用されたことから、県が千葉県旅館ホテル生活衛生同業組合と締結した「災害時における宿泊施設等の提供に関する協定」に基づき、避難所として活用可能な施設情報の提供を始めた。