ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

京都府 

  • ザ・ホテル青龍 京都清水、新幹線ホームで乗務員が出迎えるサービス開始 MKタクシーと提携

    京都府

    宿泊プラン

    投稿 : 2021.06.08

    ザ・ホテル青龍 京都清水は、「京都駅新幹線ホームまでMKタクシー乗務員がお迎え 宿泊プラン」を開始することを発表した。

  • 大学生協の宿「コープイン京都」 7月4日で営業終了

    京都市中京区のコープイン京都は、7月4日(日)をもって営業を終了することをホームページを通じて明らかにした。

  • 「THE THOUSAND KYOTO」部屋食を楽しめるおこもりステイプラン販売開始

    京都府

    宿泊プラン

    投稿 : 2021.05.27

    「THE THOUSAND KYOTO(ザ・サウザンド キョウト)」(京都市下京区)は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、おこもりステイを楽める客室での和食会席料理がセットになった「インルームダイニング」宿泊プランの販売を2021年5月26日(水)より開始した。 (出典:THE THOUSAND KYOTO公式) 具体的なプラン内容は、以下の2タイプ。 ・ジャパニーズ・スイート...

  • リーガロイヤルホテル京都、5泊・30泊の長期宿泊プラン「Kyoto Home」を発売中

    京都府

    宿泊プラン

    投稿 : 2021.05.06

    リーガロイヤルホテル京都(京都市下京区)は、月額払いが可能な長期滞在プラン「Kyoto Home」を発売している。 (出典:リーガロイヤルホテル京都) リーガロイヤルホテル京都は、徒歩圏内に世界遺産の東寺や西本願寺がありながら、オフィス街にもアクセスが良い好立地にあるホテル。ビジネスと生活・観光、両方の拠点としてぴったりな立地を活かして、ワーケーションスペースの需要を狙う。 「Kyoto Home...

  • 22施設利用可能な30泊定額プラン「MONday PASSPORT」販売開始

    hotel MONday、MONday Apartment、ICI HOTELを運営する株式会社JHATは、2021年4月23日(金)より定額制サービス「MONday PASSPORT」を先着50名限定で販売を開始した。

  • 京都・奥橋立伊根温泉「桜泉閣」のさくら観光が破産開始 新型コロナ関連倒産

    温泉旅館運営の(有)さくら観光(所在地:京都府与謝郡)は3月1日付、京都地裁において破産手続きの開始決定を受けた。負債総額は約4億円の見通し。

  • 京都下京区に「ホテル トウ 西洞院 京都 バイ ウィズシード」が開業

    京都府

    新規ホテル情報

    投稿 : 2021.04.22

    ウィズシード・ホスピタリティ・マネジメント株式会社(東京都中央区)は、2021年4月20日(火)、京都市下京区に「ホテル トウ 西洞院 京都 バイ ウィズシード(hotel tou nishinotoin kyoto by withceed)」を開業した。 (出典:hotel tou nishinotoin kyoto公式HP) 京都駅から徒歩10分に位置する「ホテル トウ 西洞院 京都 バイ ウ...

  • 京都悠洛ホテル Mギャラリーが長期滞在プラン「Kyo Suite Home」を4月12日から開始

    京都府

    宿泊プラン

    投稿 : 2021.04.08

    「京都悠洛ホテル M ギャラリー」(京都市東山区)は、スイートルーム「京スイート」および「デラックスルーム」への30泊の長期滞在プラン「Kyo Suite Home」の販売開始を発表した。 (出典:京都悠洛ホテル Mギャラリー) 京都悠洛ホテル M ギャラリーは、フランス・パリを拠点とした「アコー」のプレミアムホテル。対象となる部屋は54平米の「京スイート」と、32平米の「デラックスルーム」のそれ...

  • 次世代ブランド「プリンス スマート イン 京都四条大宮」21年5月31日開業

    京都府

    新規ホテル情報

    投稿 : 2021.04.05

    株式会社プリンスホテルは、同社が手掛ける次世代ホテルブランド「プリンス スマート イン」の3号店で、関西初出店となる「プリンス スマート イン 京都四条大宮(所在地:京都府京都市下京区四条通堀川西入唐津屋町521、客室数:173室)」を2021年5月31日(月)に開業すると発表した。

  • 京都で町家ホテル運営の「レアル」が民事再生、負債18億円

    京都でホテルやゲストハウスを運営する株式会社レアル(京都市)は、3月25日付で京都地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになった。新型コロナウイルス感染拡大によってインバウンド(訪日外国人)の需要が消失し、経営が行き詰まったことが原因。