ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 宿泊施設・ブライダル向け「屋内3D撮影サービス」

宿泊施設・ブライダル向け「屋内3D撮影サービス」

投稿日 : 2018.10.25

指定なし

ホテル関連ニュース

「たび応援カンパニー」株式会社イザンは、Mattterport社の3Dスキャンカメラでホテル、民泊、ゲストハウス、ブライダル会場などを撮影する「3Dウォークスルー-for-HOTELS」をリリースした。宿泊施設、貸会場などに適したパッケージにより、施設の稼働率向上に貢献する。

出典:3Dウォークスルー-for-HOTELS

圧倒的な臨場感で、実際とのズレを防ぎレビュースコア向上

同製品の既存のパノラマ撮影サービスとの違いは3Dスキャンカメラによる撮影のため、空間データを収集して3Dモデルにできる点。室内を実際に歩いているかのように見ることができるだけでなく、施設全体をあらゆる角度から確認することも、真上からレイアウトを確認することもできる。

広角レンズで必要以上に広く見せた室内空間の写真では、実際に施設を利用する際に、写真とは違う様子に「写真と違う」「がっかりした」というマイナスの印象につながる。

3Dで撮影された空間では実際の広さを違和感なく感じることができるため、「思った通りの部屋」として期待を裏切ることがない。また高精細の撮影ができるため「コンセントの場所はどこにあるか」「バスルームが使いやすいか」といった実際の使い勝手につながる箇所を事前に確認してもらうことも可能。

これにより、施設の稼働状況に影響する「OTA(宿泊予約サービス)でのレビュースコアの向上」や「旅行代理店窓口での施設の案内」などへの貢献が期待できる。

用途としては、

・館内全体(部屋と施設などすべてをひとつの3Dデータにすることも可能)

・大浴場、ラウンジスペース、バー・レストランといった施設

・チャペル、披露宴会場

・飲食店、貸会議室、コワーキングスペース、ギャラリー、展示会場

・不動産、マンション販売・賃貸

・医療機関(クリニック、医院)、介護施設の案内

など多岐にわたり活用できる。

一部屋からパッケージも用意、一室35,000円〜

客室一部屋からゲストハウス全体・ホテル全体の撮影までパッケージで提供。

部屋の広さにより料金は異なるが、

標準的なホテル一室の場合、35,000円〜、2LDKのゲストハウスで65,000円程度。

詳細は公式サイト参照のこと。

出典:3Dウォークスルー-for-HOTELS

関連記事