ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ヒルトン最上級ブランド「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」日本初進出 2026年開業

ヒルトン最上級ブランド「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」日本初進出 2026年開業

投稿日 : 2020.10.27

指定なし

新規ホテル情報

三井不動産株式会社とヒルトンが、ヒルトン最上級ラグジュアリーブランドである「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」のブランディング及びマネジメント契約を締結したと発表した。 同ホテルは三井不動産が開発し ヒルトンが運営する。開業は2026年を目指す。ウォルドーフ・アストリア・ホテルズ&リゾーツの進出は日本初となる。

三井不動産株式会社 執行役員 ホテル・リゾート本部長 川村豊氏(左)ヒルトン 取締役社長 兼 最高経営責任者 クリストファ J. ナセッタ氏(右)

ウォルドーフ・アストリア東京日本橋が展開されるのは、2021年度工事着工予定の「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」におけるオフィス、 商業店舗、 サービスアパートメント等の複合施設内。39階から47階まで9フロアに展開される。

 本ホテルでは、 60平方メートル 以上のゆったりとしたキングルームを含めた、全197室の客室が用意される。レストランは3つ入居し、ウォルドーフ・アストリアの象徴でもあるラウンジ&バー「ピーコック・アレー」のほか、 室内プールや スパ、 フィットネスセンター、 宴会場、 チャペルを備える見込み。

ウォルドーフ・アストリアは、 1893年に米国・ニューヨークで開業して以、評価の高いサービスをゲストに提供してきた。
ウォルドーフ・アストリア・ビバリーヒルズからウォルドーフ・アストリア・バンコクまで世界のランドマークとなる場所で、 現在32軒を展開している。

また、食への追求やこだわりを大切にしたブランドとしても知られており、ブランドの象徴であるゲスト一人ひとりに合わせたきめの細かいサービスの提供を提案している。

日本橋のエリアには他に、マンダリンオリエンタル東京が2005年にオープンしているが、外資系ラグジュアリーホテルの参入は少ない。
複合施設の開発が進むことで、近隣エリアのさらなる発展が見込まれる。

三井不動産はこれまで、 江戸時代に五街道の起点として文化・経済・商業の発信地として栄えた「日本橋」において、2004年に「COREDO日本橋」を開業。「残しながら、 蘇らせながら、 創っていく」を開発コンセプトとしながら、 官民地域一体となった「日本橋再生計画」を推進している。 

合わせて読みたい
  • 「ダブルツリーbyヒルトン富山」2022...

  • 「ヒルトン札幌パークホテル」2023年開...

  • 「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」2023年...

  • 「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」2020年7...

関連記事