ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 9日までのGo Toトラベル利用の新型コロナ感染者数131人

9日までのGo Toトラベル利用の新型コロナ感染者数131人

投稿日 : 2020.11.11

指定なし

新型コロナウイルス関連

ホテル関連ニュース

公的機関ニュース

加藤勝信官房長官は、10日午後の記者会見で、Go To トラベル事業開始日から10月15日まで、キャンペーンの利用者は3138万人にのぼると発言。一方で、11月9日までに観光庁が報告を受けている新規感染者数は利用者のうち、131名だとした。これまでに Go To トラベル参加者に起因して旅行先のホテルや観光施設の従業員に感染が広がっているという報告は受けておらず、引き続き、地方団体と連携し、感染状況を注視しながら、政府として適切に対応したいと述べた。

加藤官房長官は、「検温や体調の確認、換気や3密の回避、接触確認アプリの利用推奨など、事業者、旅行者双方における感染防止対策の徹底をお願いしている」とし、そういった対策により旅行による感染リスクを低減できるとした。

一方で、赤羽国土交通大臣は10日の会見で北海道について、「現段階で北海道を直ちに Go To トラベル事業の対象から外すべき状況ではないと認識しているのが政府としての見解だ」と発言した。北海道が現時点ではステージ2に相当していることを理由としてあげており、今後、感染の急増を示す、ステージ3相当と判断された場合は改めて検討する考えを示した。

観光庁は11月初旬、Go To トラベル キャンペーンの利用者のうち新型コロナウイルス感染症に感染した利用者が10月29日までで76人いると発表している。また、多くは感染経路不明としつつも、旅行で感染した可能性も否定できないとした。この数週間で感染が増えたのか、以前の感染報告が遅れて集計されたのかは不明。

Go To トラベルは秋以降、利用者数が以前と比べて大幅に増えている。10月30日に開かれた本会議の各党代表質問で菅総理が、公明党から出された GoToトラベル キャンペーン延長の要望について、感染状況や予算などの状況を見て検討すると述べるなど、その実施期間延長の可能性も話題になっている。

合わせて読みたい
  • 「GoTo」参加宿で感染者の宿泊利用6件

  • 北海道内で感染者急増 療養者用ホテル不足...

  • 北海道、新型コロナ感染者急増!ステージ3...

  • 北海道、新型コロナ軽症者の宿泊療養で宿泊...

関連記事