ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ラグジュアリーホテル「W Osaka」ペットも宿泊可能

ラグジュアリーホテル「W Osaka」ペットも宿泊可能

投稿日 : 2021.01.13

指定なし

新規ホテル情報

ホテル関連ニュース

宿泊プラン

2021年3月16日に開業を控えたW Osaka(大阪市中央区南船場4丁目1番3号)が、客室とフィットネス施設の詳細を発表した。一部の客室では、世界中のWで導入されているP.A.W.(Pets Are Welcome)プログラムのもと、ペットを同伴しての宿泊も可能だ。合計337室の客室を備えた大阪市の中央を南北に結ぶメインストリート御堂筋に面する当ホテルは現在、公式サイトにて宿泊の予約を受付開始している。

マリオット・インターナショナルが展開するブランドのひとつであるWホテルは、ニューヨークの大胆な発想と24時間365日眠らない街の文化の下に誕生。以来、およそ20年以上に渡り、世界中に出店しており、現在は55軒以上を展開。

W Osaka のスタンダードルームは、フロアによって異なる2種類のテーマカラーを設定。1つは日本を象徴する桜の花をイメージしたピンクのトーンの客室、もう一方は大阪港に広がる海に着想を得たブルーのトーンの客室だ。それぞれ W を象徴する、鮮やかな色彩で表現されている。ベッドスペースと浴室は障子をイメージした引き戸で仕切ることができ、利便性とともに「和」も合わせたデザインだ。

スタンダードルームを含む全客室には、Wの文化のひとつである「カクテルカルチャー」を体現したバーカウンター「MixBar」が設置され、滞在中は好みのカクテルを宿泊者が作ることもできる。

一部の客室では、世界中のWで導入されているP.A.W.(Pets Are Welcome)プログラムのもと、ペットを同伴して宿泊が可能だ(対象のペットは体重18キロまでの犬に限定)。

ペットを同伴できるラグジュアリーホテルは全国的に増えてきたものの、ラグジュアリーホテルで考えるとまだまだ少ない。また、同伴可能なラグジュアリーホテルでは通常、小型犬(6キロ前後)などのみ滞在を許可している施設が多いなか、18キロまで同伴できることも大きなポイントだ。

合わせて読みたい
  • マリオット「アロフト東京銀座」2020年...

  • フェアフィールド・バイ・マリオット、日本...

  • 次世代型ライフスタイルホテル『アロフト大...

  • JR九州、バンコクでホテル事業参入

関連記事