ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ホテル旅館様向け アフターコロナの中国人観光客に備えて~接客ツール「QRHOTEL」ができること~

ホテル旅館様向け アフターコロナの中国人観光客に備えて~接客ツール「QRHOTEL」ができること~

投稿日 : 2021.02.24

指定なし

新型コロナウイルス関連

インバウンド

中国国内ではワクチン接種が国民全体で受け入れられ、現在までに約5000万人の方がワクチン接種を完了している。2022年までには全国民の接種が完了するとのことで、旅行再開の目途はもうまもなくとされる。株式会社イー・ビジネスの接客ツール「QRHOTEL」は来日する中国人観光客に対して安心・安全の日本旅行を提供する。

株式会社イー・ビジネス開発、「QRHOTEL」は主にタビナカのサービスであり、ホテル業界のデジタル化を促進する製品である。プラットフォームは「WeChatミニプログラム」を利用しており、中国人観光客に特化している。「WeChat」といえば、中華圏にて12億人が使っているアプリで、チャットから配車、決済までの様々な日常生活に関わるサービスを提供しているため中国人にとって日常不可欠な存在となっている。

「QRHOTEL」では、これまでの基本機能に加え、アフターコロナの安心・安全の旅行をお届けするために、安心パッケージを用意した。

安心パッケージの詳細は以下となり、用途に合わせて実装が可能になる。

・配車

・デリバリー注文

・オンラインチェックイン/チェックアウト

・宿泊近くのPCR検査場案内

・レストランや大浴場の混雑状況の確認

・医療アイテムの貸し出し

また、「QRHOTEL」はQRコードをスキャンすることだけでサービスが立ち上がるため、ユーザー(ゲスト)は自身の端末での操作となり、非接触と非対面が実現可能になる。

さらに、「QRHOTEL」は無償の宣伝効果も期待できる。中国人の習慣を利用し、友人へのシェア(口コミ)を拡散することで潜在顧客を増やすことができるのだ。「QRHOTEL」を導入した全国規模のホテルチェーンでの利用動向によれば、1ユーザあたり5回以上のホテル情報のシェア(友人への紹介)を行っていたことがわかった。

本サービスは、2019年11月にサービス提供を開始し、コロナ禍でありながら2021年1月末までの日本全国ホテル・旅館の約350施設で導入された。言語の壁を越え、旅行中の利便性と満足度を向上するITソリューションサービスは、アフターコロナのインバウンド回復の準備において、ホテル業界の心強い味方となっていく。

詳細・お問い合わせについては、

株式会社イー・ビジネス イノベーション事業部 qrhotel@e-business.co.jp

までメールでご連絡ください。

関連記事