ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

ホテル関連ニュース

  • 小田急、向ヶ丘遊園跡地利用計画の概要を決定

    小田急電鉄では、2002年3月に閉園し た向ヶ丘遊園の跡地(川崎市多摩区)利用に関する開発計画の概要について決定。 かつての向ヶ丘遊園から引き継がれる豊かな自然環境を活かして「人が集い楽しむ場」 としての機能を再整備することで、生田緑地の一部として「憩い」や「賑わい」を創出する。

  • 高知県室戸市「岬観光ホテル」国の登録有形文化財

    高知県室戸市の岬観光ホテルが「国土の歴史的景観に寄与している」として、国の登録有形文化財に登録された。高知県室戸市宿泊施設展開状況、旅館の平均客室単価情報と合わせてお伝えする。

  • メッツァ「チームラボ 森と湖の光の祭」開催

    埼玉県立奥武蔵自然公園の宮沢湖の畔に開業したメッツァビレッジにて、「チームラボ 森と湖の光の祭」が本日12月1日から2019年3月3日まで開催。同プロジェクトは、非物質的デジタルアートによって「自然が自然のままアートとなる」チームラボが行う「Digitized Nature」アートプロジェクト。

  • 大日本印刷とJTB、観光分野で「情報銀行」共同開発

    大日本印刷株式会社(DNP)とJTBは、旅行者のパーソナルデータを情報銀行(情報信託機能)で集約・活用する「次世代トラベルエージェントサービス」を共同で開発し、東京の上野エリアと京都の岡崎・蹴上および周辺エリアでの実証事業を12月に開始する。

  • JTB、インセンティブ制度の効果測定サービス開始

    JTBは、独自の調査サービスとして、企業が自社の営業担当者や販売代理店に対して実施しているインセンティブ(トリップ)制度の効果測定サービス「インセンティブ革命」を 2018年12月3日(月)より開始する。

  • 国土交通省、鉄道自動運転導入の技術的要件の検討開始

    国土交通省は、運転士の乗務しない鉄道自動運転は、人等が容易に線路内に立ち入ることができない新交通に限られる中で、今般、踏切等のある一般的な路線に自動運転を導入する場合の技術的な要件について、有識者や鉄道関係者を交えて検討会を開始する。

  • 「ホテルモントビュー米沢」の運営をミドルウッドが承継

    「ホテルモントビュー米沢」の運営サービスの提供が米沢共立ビル株式会社より、株式会社ミドルウッドへ11月29日(木)より変更された。

  • 学生向け旅行メディア「BEB5 軽井沢」宿泊券キャンペーン

    VOYAGE MARKETINGは、運営する学生×旅行プラットフォーム「IMATABI」のWebメディアにおいて、2018年12月1日(土)から2019年1月31日(木)まで、若旅を応援する星野リゾートの2019年2月5日開業予定ホテル「星野リゾート BEB5 軽井沢」の宿泊券が当たるInstagramキャンペーンを実施する。

  • 星野リゾート、奥入瀬渓流ホテル「氷瀑ライトアップツアー」

    奥入瀬渓流沿いに建つリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では、2019年1月5日~3月17日の期間限定で、アクティビティ「氷瀑(ひょうばく)ライトアップツアー」を開催。渓流沿いの氷瀑とライトアップが作りだす幻想的な景色を楽しむことができる。

  • ファミマ、岡山県和気町でドローン活用荷物配送検証実験

    株式会社ファミリーマートは、「和気町ドローン物流検証実験協議会」が、12月1日(土)から、岡山県和気町で開始するドローンを活用した荷物配送検証実験に参画する。