ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

ホテル関連ニュース

  • ホテルが即活用できる新型コロナウイルス支援・対策まとめ

    新型コロナウイルスの感染拡大により、インバウンド・国内客ともに急減、ホテル業界に厳しい試練が訪れた。公的機関および民間企業によるすぐに活用できる支援・対策をまとめた。(3月16日更新記事)

  • 星野リゾート、運営施設における感染予防策

    星野リゾートでは、今般の新型コロナウィルス(COVID-19)による感染予防策の一環として、国内の運営施設で実施している対応について発表。国内における全施設にて顧客の健康と公衆衛生を考慮し、安心して過ごせるよう予防策を行う。

  • 道内バス会社「味十商事」休止、ツアー中止に一斉休校追い討ち

    観光バスやスクールバス、ハイヤーを運行する(有)味十商事(北海道浦河郡浦河町堺町東4-6-18)が業務休止。新型コロナウイルスの感染拡大で訪日客を中心とした観光バスやハイヤー利用者が激減、スクールバスの運行再開が見通せなくなった。約10名の従業員が解雇された。

  • プリンスグランドリゾート箱根、東京から箱根ヘヘリ直行便

    プリンスホテルでは、運営する「プリンスグランドリゾート箱根」において、AirXと協業し、2020年3月20日(金・祝)より5月6日(水・振休)まで(3月20日~4月19日は土曜日、日曜日、祝日のみ運航)、東京〜箱根間を移動するヘリコプター輸送サービスの実証実験を開始する。

  • ホテルグランヴィア岡山、新生スーペリアフロア販売開始

    ホテルグランヴィア岡山(329室)はこのたび、スタンダードフロアの12階と14階の客室2フロア68室を改装し、2020年3月14日(土)から新たに「スーペリアフロア」として販売する。

  • ホテル「ザ・ヤード」1棟1客室で新型コロナウイルス対策支援

    ホテル関連ニュース

    投稿 : 2020.03.06

    コンテナ建築のリーディングカンパニーで、国内19店舗のホテルを運営する株式会社デベロップは、独自の建築ノウハウを生かして展開する1棟1客室型コンテナホテル「ザ・ヤード」シリーズ全16店舗で、新型コロナウイルスの感染拡大防止と企業活動を安全に推進するための支援策を実施する。

  • 東京都「新型コロナウイルス感染症対応緊急融資」

    東京都は本日3月6日より、新型コロナウイルス感染症に対応した中小企業支援「新型コロナウイルス感染症対応緊急融資」を実施、金融・経営面からの支援を開始する。

  • 東京都、テレワーク環境整備を支援する助成金の募集を開始

    東京都は、新型コロナウイルス感染症等の拡大防止対策として、本日3月6日より都内企業のテレワーク環境整備を支援する助成金の募集を開始する。同事業は、都内中堅・中小企業に対し、テレワークの導入に必要な機器やソフトウエア等の経費を助成するもの。

  • 新型コロナウイルスと結婚式への影響、列席したいが81.8%

    ブライダル事業を展開する株式会社リクシィは、20~50代の男女141名に対して、3月3日〜5日、新型コロナの影響に対する、結婚式へ列席する人々の心情の調査を実施した。

  • セーフティネット保証5号、対象業種に「旅館、ホテル」追加

    経産省(中企庁)より、セーフティネット保証5号の対象業種に「旅館、ホテル」等40種の追加指定が決定された。