ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

ホテル関連ニュース

  • 上海虹橋国際空港、顔認証自動チェックインを導入

    年4千万人以上の搭乗者のある上海虹橋国際空港は、10月15日(月)から、中国で初めて搭乗手続きに顔認証技術を使用したスクリーニングシステムを導入した。今後、中国内の62の空港が同技術の導入を予定している。

  • 大阪観光局「デジタルマーケティング・データ基盤構築」

    公益財団法人大阪観光局は、デジタルマーケティングにおけるデータ基盤構築業務に係る委託プロポーザルを募集している。応募はすでに開始されており、提出期限は10月29日(月)まで。

  • Hotels.com、ワークライフバランス・国内出張に関する調査

    Hotels.comの日本人のワークライフバランス・国内出張に関する調査結果によると、70%が日帰り出張に疲れを感じると回答、63%が日帰り出張をできれば避けたいと回答。会社が費用を負担してくれる場合、67%の人が延泊を考えており、たとえ自費でも57%の人が延泊をしたいと回答した。

  • 観光庁、外国人観光旅客利便増進措置に関するガイドライン

    観光庁は、国際観光振興法の一部が改正、公共交通事業者等に努力義務として課されていた多言語による情報提供促進措置が拡充され、Wi-Fi整備、トイレの洋式化等、幅広いニーズへの対応を促す観点から、新たに外国人観光旅客利便増進措置を定め、そのガイドラインを公表した。

  • エクスペディア会長、旅行事業参入のグーグルに規制を求める

    ハリウッドの映画会社やテレビ放送局のCEOを歴任し、インターネット複合企業IACを率い、世界最大のOTA・エクスペディアの会長も務めるバリー・ディラー氏は、同社が年35億USドルをグーグルに支払い、グーグルが旅行事業に乗り出していることに不満を示し米反トラスト法当局に規制を求めた。

  • 横浜観光支援事業、町歩きアクティビティ、デニム着物散歩

    横浜観光コンベンション・ビューローは、「横浜観光プロモーション認定事業」として「MICE誘致を推進する、横浜の魅力を活用したチームビルディングアクティビティ」と「横濱ハイカラプロジェクト~モダン袴DE横濱ハイカラ散歩&デニム着物DE横濱ハイカラ散歩~」の事業を認定した。

  • お台場キャンピングカーフェア2018、10月20−21日開催

    お台場キャンピングカーフェア実行委員会は、2018年10月20日(土)~21日(日)に東京・お台場の特設会場にて「お台場キャンピングカーフェア2018」を開催する。キャンピングカーは従来のキャンプ場でのアウトドアとしての利用から宿泊施設不足地域での新スタイル車中泊に新たな注目が集まっている。

  • 十勝のホテル宿泊事情〜北海道のホテル事情③

    北海道の命名から150年目となる2018年。節目を迎えた北海道における、地域・都市ごとのホテル事情に迫ってゆきたい。今回は北海道東部の十勝地方の帯広市と音更町のホテル宿泊事情について、観光宿泊需要と宿泊施設供給の観点から分析レポートする。

  • 星野リゾート「奥入瀬渓流ホテル」シードルヌーヴォーセット

    青森県十和田市のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」は、2018年12月23日-翌年1月3日の期間限定で、ビュッフェレストラン「青森りんごキッチン」にて、「シードルヌーヴォーセット」を提供、りんご料理との組み合わせが楽しめる。十和田市のホテル展開状況と合わせてお送りする。

  • 秩父鉄道、インスタで思い出写真投稿、長瀞宿泊券賞品

    秩父鉄道株式会社では、若者に人気のSNSの一つ「Instagram(インスタグラム)」を活用したキャンペーンとして「ちちてつInstagramキャンペーン2018autumn」を開催中。秩父鉄道沿線をめぐった想い出をテーマとした投稿を募集、当選者には、長瀞の宿泊施設のペア宿泊招待などの賞品をプレゼント。