Tag: Asia

無印良品が中国でホテル展開「MUJIHOTEL BEIJING」6月30日開業ー日本へ逆輸入、来春銀座での開業も

良品計画は、中国の北京において「MUJI HOTEL BEIJING」を6月30日に開業する。本年1月に中国・深セン市に「MUJI HOTEL SHENZHEN」を開業しており2軒目となる。また、2019年春には東京・銀座でも開業を予定している。グローバル展開を進める良品計画の戦略とは。

0 Shares

アジア太平洋地域のホテル開発ートップ3はインドネシア、日本、インド

経済成長著しいアジア太平洋地域は、ホテル開発においても最大の市場となっている。同地域におけるホテル開発数の国別トップはインドネシアで、都市別でもジャカルタが首位に立った。2位につけたのは日本で新興市場のインドを上回った。また、東京が都市別でも3位となった。

0 Shares

アルメックスが台湾FunNow社と業務提携ー日台レジャーホテルを相互送客へ

USEN-NEXTグループで、国内最大級のレジャーホテル検索・予約サイト『ハッピー・ホテル』を運営するアルメックス社は、台湾の店舗予約サイト『FunNow』を運営するFunNow社 と相互送客に関する業務提携契約を締結し、日台レジャーホテルへの相互送客を開始した。

0 Shares

訪日数3年連続、No.1ー訪日中国人客とホテルの課題

2017年に最も訪日客数が多かった国は3年連続で中国だった。実に735万人もの中国人が日本を訪れている。日本の観光業に与えるインパクトは大きく、中国人需要をうまく取り込めるか否かはホテル経営を考える上でも、非常に重要なファクターになっている。 2017年の訪日中国人のトレンドを検証し、ホテルの課題を考える。

0 Shares

スマートフォンが圧倒的No.1!東アジア訪日客が日本滞在中に役立った情報源とは

インバウンド需要を取り込むために、魅力的なプランや商品を開発しても、その存在を知らせることができなければ集客にはつながらない。効率的かつ効果的な広報戦略を考える上では、訪日外国人が日本滞在中にどのような媒体を通して日本の情報を集めているのかを知ることは非常に重要だ。観光庁の「訪日外国人消費動向調査」から、訪日外国人の情報源に迫った。

0 Shares

平昌五輪 ロシアにき続き不当値上げ、宿泊料金が通常の3倍以上か

25日に幕を閉じた2018平昌オリンピック。韓国政府は大会成功に向け、開催前から多角的に注力してきたが、宿泊施設の監督もその一例だ。通常の繁忙期の3倍以上もの宿泊代金を求めるなど、国内外から集まる応援客を目当てに、不当に宿泊代金をつり上げていたホテルの取り締まりを強化し、宿泊代金の正常化に尽力したと、「USA TODAY」が伝えている。

0 Shares