ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 障害のある人が描くアート作品で駅を彩る「ステーションミュージアム吉祥寺」

障害のある人が描くアート作品で駅を彩る「ステーションミュージアム吉祥寺」

投稿日 : 2019.12.19

東京都

ホテル関連ニュース

JR東日本スタートアップ株式会社と、株式会社ヘラルボニーは、2019年12月27日(金)より約2ヶ月間、知的障害や身体障害のある人が描くアート作品で東京都武蔵野市の吉祥寺駅をラッピングする「ステーションミュージアム吉祥寺」を開催する。

今回の吉祥寺駅での取り組みは、ヘラルボニーとJR東日本スタートアップが、本年度各地で展開していく地域福祉連動型・社会貢献型実証実験の第一弾。

吉祥寺駅のラッピング素材となるアート作品は、社会福祉法人武蔵野(東京都武蔵野市)の協力のもと、地域在住の方々参加のワークショップにより制作。地域と福祉、アートを掛け合わせ、駅をミュージアム化することで、福祉の可能性や価値、駅の新しい魅力の創出を目指すという。

また、知的障害のあるアーティストの作品をJR東日本グループ内の工事現場等で使用する横断幕や防音シートにプリントし、使用後にバッグや小物等にアップサイクル(再利用)して商品化する社会貢献型実証実験なども今後計画しているという。

【「ステーションミュージアム吉祥寺」概要】
実施期間:2019年12月27日(金)から2020年2月末※期間は予定
実施場所:JR吉祥寺駅(東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目)
実施箇所:構内南北自由通路(はなこみち)吹き抜け部分と柱10本に装飾予定

【合わせて読みたい】

2020年春開業の高輪ゲートウェイ駅に無人AI決済店舗が開業

JR東日本グループ「エキナカ次世代手荷物配送」

JR東日本グループと多拠点居住のアドレスが資本業務提携

JR東日本、チャットボットのtriplaと資本業務提携

JR東日本、JR西日本イノベーションズ、JR九州が地方活性化などの事業アイディア募集

関連記事