ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 新規ホテル情報 > 憧れのホテル暮らしを安く済ませる方法!通常から20%オフで住める方法とは?

憧れのホテル暮らしを安く済ませる方法!通常から20%オフで住める方法とは?

投稿日 : 2022.02.21

新規ホテル情報

ホテル暮らしを安く叶える方法や探し方を徹底解説!

リモートワークの普及などにより、定着してきた「ホテル暮らし」というライフスタイル。

最近では、高級ホテルも長期滞在プランを展開しているところが増えてきました。

この記事では、そんなホテル暮らしの費用面からおすすめホテルまでを詳しくご紹介します。

 

この記事でわかること

  • ホテル暮らしとは
  • ホテル暮らしのライフスタイル
  • 東京のホテル暮らしで1ヶ月にかかる費用
  • ホテルのメリット/デメリット
  • ホテル暮らしを安く済ませるコツ
  • 費用別のおすすめホテル

 

ホテル暮らしって?

ホテル暮らしとは、持ち家の購入や賃貸マンションを借りることと同じ感覚で、ホテルで長期的に生活をすることを言います。

近年のリモートワークの普及やミニマリズムの広がりとともに、働き方の幅が広くなるなどライフスタイルそのものが大きく変化し、身軽な生活を好む人も増えたことでホテル暮らしが定着してきました。

しかし、ホテル暮らしとはよく聞くけれど、実際どんなものなのかイメージが湧かない人も多いと思います。

そんな人のために次の項からはホテル暮らしの詳細をご紹介していきます。

 

ホテル暮らしのライフスタイル

こちらの項ではホテル暮らしの1日はどのようなものか、仕事のある平日を例にご紹介します。

 

AM8:00 起床

ふかふかのマットレスに広々としたベッド、パリッとしたシーツで快眠から目覚めます。

自分の目覚まし時計ではなかなか起きられない、忘れてしまうことがあるという人は、ホテルのモーニングコールサービスを利用して起床できます。

 

AM9:00 朝食

身支度が完了したら、ホテル内のレストランへ。

栄養バランスの取れたヘルシーな朝食に、入れたての美味しいコーヒーやフッシュジュースで仕事の前のリラックスタイムを楽しみましょう。

寝坊してしまった日や部屋でゆったりと過ごしたい人は、ルームサービスを利用するという方法もあります。

 

AM10:00 始業

ホテルの自室やホテル内または周辺の共有ワークスペースで仕事をします。

リモートワークの普及でフリーWi-Fiや快適なデスクなど、作業環境が整えられたホテルも増えてきており、快適に仕事ができます。

自分のワークスタイルに合わせて環境を選べるのも、ホテル暮らしだからできることです。

 

PM12:00 昼食

ランチはホテル内のレストランまたは、周辺のおしゃれカフェで。

午後の仕事も乗り切れるよう、その日の気分でリフレッシュできるお店を選びます。

 

PM19:00 終業

仕事が終わったら、ここからは1日の疲れを癒すためのリラックスタイムです。

昼食同様にホテル内または周辺のレストランで食事をし、その後はおしゃれなバーで軽くお酒を嗜むのもよいでしょう。

週末の場合は、1週間を走り切った頭や身体を労いホテルにあるスパでマッサージをしたり湯船につかったり、リラックスモードに切り替えて、快適なベッドで眠りましょう。

 

東京のホテル暮らしで1ヶ月にかかる費用

ホテル暮らしをする際に1番気になることが、費用面なのではないでしょうか。

こちらの項では、1ヶ月のホテル暮らしでかかる費用をご紹介します。

下の表は、東京のホテルに1ヶ月滞在した際に発生する費用です。

ホテル宿泊費用(5,000円/日) 15万円
食費(2,000円/日) 6万円
コインランドリー代(乾燥込 800円/回) 1.2万円
クリーニング代 5,000円
雑費 3万円
合計 25.7万円

上記のように東京でホテル暮らしをする場合の費用は、月約25〜27万円と見積もっておくと良いでしょう。

 

ホテル暮らしはここが良い!

ここまででホテル暮らしのライフスタイルや費用面がわかり、ホテル暮らしのイメージが具体的に湧いてきたのではないでしょうか。

こちらの項では、ホテル暮らしのメリットと認識しておきたいデメリットをご紹介します。

 

【メリット】

  • 住宅ローンや敷金、礼金がいらない

ホテル暮らしはいつでも好きなタイミングで開始・終了できるのが特徴です。

賃貸などとは異なり、審査もないので予約が取れれば手続き完了です。

 

  • 生活に必要なものが全て揃っている

ホテルにはベッド、TV、エアコンなど生活に必要な家具や家電は完備されています。

また、清掃サービスやルームサービスなどもあるので、家事をする必要もありません。

 

  • ホテルの設備やサービスを利用できる

ホテル暮らしでは、長期滞在でも短期宿泊の人と同様のサービスを受けることができます。

トレーニングジムやマッサージ、クリーニングのサービスなどより多くの宿泊者サービスがあるホテルを選ぶと良いでしょう。

 

  • 仕事に合わせて滞在場所を決定できる

賃貸では家賃相場などを鑑みて住む場所を決める必要がありますが、ホテル暮らしではその必要がありません。

各所に幅広い価格帯のホテルがあるので、自分の好きな場所で滞在場所を決めることが可能です。

 

【デメリット】

  • 滞在費用が高い

ホテル暮らしでは客室にキッチンがない場合、必然的に外食の頻度も増え、コインランドリーを使う必要が出てくるため、生活費も嵩みます。

 

  • 自室や隣の部屋、廊下の声が聞こえやすい

長期滞在とはいえ、宿泊するのは短期滞在の人と同様の客室です。

居住のために作られた部屋ではないので、他人の声や生活音、自分の生活音なども聞こえやすい状態です。

 

  • 住民票の登録ができないことがある

ホテル暮らしでは住民票の登録ができないために、公的サービスや郵便配達で不便が生じることがあります。

また、ホテルによっては住民票の登録に応じていない場合もあるので、予約前に要確認です。

 

ホテル暮らしを安く済ませるコツ3選

上記のデメリットでも挙げたように、ホテル暮らしでは生活費が嵩みます。

そのため、宿泊費用は可能な限り抑えらたほうが良いでしょう。

こちらの項では、お得にホテル暮らしをするためのコツをお教えします。

 

  • 長期プランを探す

リモートワークや持たない暮らしの定着で、長期滞在プランを展開するホテルが増加しました。

また予約サイトではサイト限定の割引をしている場合も多いので、様々な予約サイトを比較してよりお得に宿泊できるホテルを探しましょう。

 

  • クレジットカードの特典などを利用する

加入しているカード会社によっては宿泊費や食費が割引かれたり、ポイントとして返ってくることがあります。

さらに、宿泊費そのものが無料になる特典もありますので、自分の加入しているカードではどのような特典があるのか、今一度確認しましょう。

 

  • Monthly Hotelで探す

長期滞在が可能なホテルを見つけるには、専門の予約サイトで探すのがおすすめです。

Monthly Hotel(https://www.monthlyhotel.jp/)には、全国各地の長期滞在可能なホテルが掲載されているので、ホテル暮らしを始める際はぜひこちらから探してみてください。

また、平均20%のディスカウントもあります。滞在費用を少しでも抑えたい方におすすめです。

 

「費用別」最高のホテル暮らしを叶えるおすすめホテル

こちらの項では、これまでお伝えした情報を踏まえ、よりお得にホテル暮らしができるおすすめのホテルをご紹介します。

宿泊費用別にご紹介するので、自分の予算にあったホテルを探す参考にしてください。

 

【東京(5万円以下)】グリッズ 東京 浅草橋 ホテル&ホステル

最新設備のデザイナーズホテルです。

ドミトリーから個室まで、多種多様なニーズに応じられる客室と24時間利用可能なミニキッチンやランドリーも完備されているので、滞在中の食費を少しでも抑えたい人におすすめです。

住所 〒113-0053 東京都台東区浅草橋4丁目11-6
電話番号 03-5687-7131
アクセス 浅草橋駅より徒歩約3分 / 秋葉原駅より徒歩約9分

https://monthlyhotel.jp/landing/76C2twSQRZnrnBmidm2d4AEW#2022/02/01-2022/02/28-1

 

【東京(8万円以下)】オビホステル&フィットネス

2021年3月、館内にフィットネスを新設しました。

宿泊者はフォットネスの利用が可能なだけでなく、トレーニング用対象メニューを30%OFFで食べられる特典もあります。

適度な運動をしたり、ヘルシーな生活したりしたい人におすすめです。

住所 〒103-0003 東京都中央区中央区日本橋横山町3-14
電話番号 03-4405-5092
アクセス 馬喰横山駅より徒歩約1分

https://monthlyhotel.jp/landing/rLWBLceU6f6kN7CUrWiogDSP#2022/02/01-2022/02/28-1

 

【東京(10万円以下)】リッチモンドプレミア東京押上

同じ建物の1階にスーパーマーケットがあり、ホテル前には商業施設もある好立地なホテルです。

また、ホテルにはランドリーコーナーやマッサージサービス、会議室もあるので、ビジネスでの利用に向いています。

住所 〒131-0045 東京都墨田区押上1-10-3
電話番号  03-5819-0731
アクセス 押上駅より徒歩約1分

https://monthlyhotel.jp/landing/yeoDVmfUfaxxWTigYtixAamN#2022/02/01-2022/02/28-1

 

【大阪(5万円以下)】IMANO OSAKA SHINSAIBASHI HOSTEL

こちらのホテルでは、ドミトリー・プライベートルームからお好みの客室を選ぶことができます。

プライベートルームには、専用のバスルームが完備されているので、よりプライベートな時間を過ごしたい人におすすめです。

また女性専用フロアもあり、女性一人の利用でも安心して滞在できます。

住所 〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1-13-28
電話番号 06-6534-0088
アクセス 四ツ橋駅より徒歩約3分 / 心斎橋駅より徒歩約10分

https://monthlyhotel.jp/landing/YGciSam88MRcvotfTTehdKNz#2022/02/01-2022/02/28-1

 

【大阪(8万円以下)】ホテルマイステイズ新大阪コンファレンスセンター

大小15の会議・宴会場があり、様々なシーンで活躍するホテルです。

客室には加湿器などアメニティも豊富に取り揃えられているので、快適なホテル暮らしを送ることができます。

住所 〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島6-2-19
電話番号 06-6302-5571
アクセス 新大阪駅より徒歩約5分

https://monthlyhotel.jp/landing/jDEyrGq484x9WzJUHuarWEiK#2022/02/01-2022/02/28-1

 

【大阪(10万円以下)】ベストウェスタンホテルフィーノ大阪心斎橋

こちらのホテルは、2020年に全館改装しました。

人気の観光スポットまでも徒歩圏内なので、週末には大阪観光を満喫できます。

滞在中は仕事だけでなく、観光も充実させたい人におすすめです。

住所 〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋1丁目2-19
電話番号 06-6243-4055
アクセス 長堀橋駅より徒歩約1分

https://monthlyhotel.jp/landing/E5mLNnH2kCsDTWrkVwsTnCJa#2022/02/01-2022/02/28-1

 

Monthly Hotelなら簡単に安くホテル暮らしを叶える

費用やライフスタイル、ホテル暮らしの具体的なイメージは掴めたでしょうか。

一概にホテル暮らしを言っても、そのスタイルは様々です。

その人のライフスタイルやワークスタイルによって必要な設備やサービス、適したエリアは異なります。

ホテル暮らしをする際は、自分にはどのようなホテルが最適かを考えた上で探しましょう。

長期滞在ホテル専門の予約サイト Monthly Hotel(https://www.monthlyhotel.jp/)では、より効率的にホテル探しができるので、ぜひ参考にしてください。

合わせて読みたい
  • 1ヶ月ホテル暮らしをしたい!費用を安く済...

  • ホテル暮らしの費用っていくら?コスパよく...

  • ワーケーションでおすすめの温泉付きホテル...

  • ワーケーション需要を集客できているホテル...

関連記事